たるみとブルドッグ顔を本気で予防する7つの習慣

スポンサーリンク

シミ、シワ、くすみ、たるみなど、老け顔に影響する老化サインはいくつかあります。

なかでも、できてしまったたるみは、化粧ではなかなか隠せないし、家庭でのスキンケアにしても、どうにかするのは難しそう。美容整形するにしても、大変そうです。

できてしまったたるみ、いわゆるブルドッグ顔は、それだけでとても老けてみえますし、ごまかすこともできません。

今日は、そんなたるみ・ブルドッグ顔を予防するための対策方法を紹介します。

たるみとブルドッグ顔を予防する方法

今から紹介する方法は、化粧品を使ったり、スキンケアを工夫したりといったものではありません。毎日の習慣を気をつけるものなので、今すぐ実践できます。

今回はわかりやすく、食事・運動・ストレスの3つに分けてみました。

たるみは、顔だけに注目するのではなく、体全体の筋肉や内臓とも関係しているというのがポイントです。

食事編

栄養バランスを考えたり、カロリー計算したりすることは、もちろん大切ですが、「そんなのめんどくさい!」という人もいると思います。

甘いもの、加工食品、ファーストフード、スナック菓子、お酒など、体によくないとわかっていても、やめられないということもありますよね。

そんなときは、食事のときに、以下の2点を気をつけてみてください。

(1)よく噛む

よく噛んで食べることは、健康のためにも、美容(アンチエイジング)のためにも、とても重要です。よく噛むことで、少量でも満足できるので、ダイエットしたい方にもオススメです。

(2)腹八分目

お腹いっぱい食べることは、今すぐやめましょう。「ちょっともの足りない」くらいでやめておくことで、スリムな身体を保てるだけでなく、胃腸にも負担をかけずにすみます。

運動編

今からいうことは、運動というほどでもありませんが、正しく筋肉を使う、という意味で「運動」としました。

本当は、ウォーキング、ジョギング、スクワットなど、運動する習慣をつけるのが理想ですが、「なかなか続かない」という人は、次のことを意識してみてください。

(3)姿勢をよくする

立っているとき、歩いているとき、座っているとき・・・いつでも、良い姿勢でいられるように心がけてください。

思い出したときに「猫背になっていないかな?」と意識して、いい姿勢を保てるようにするだけでも効果的です。

ずっと猫背のままでいると、頬のたるみがひどくなるだけでなく、下腹に脂肪がつきやすくなります。「痩せているのに、下腹だけお肉がついている人」は、猫背が原因かもしれません。この場合、姿勢をよくするだけで、痩せてスタイルがよくなることがありますよ。

(4)逆立ちをする

逆立ちをすると、下に垂れ下がった内臓が元の位置に戻ると言われています。ほかにも、血行促進、代謝アップ、むくみ解消、便秘解消などにもいいです。

たるみがひどい人は、内臓も垂れ下がっているという説もあるので、アンチエイジングのために、一日一回の逆立ちを習慣にするといいでしょう。逆立ちができない人は、三点倒立でもOK。とくに、むくみの解消にはテキメンで、逆立ちをした次の日は、体がスッキリとします。

やってみると、案外できるものなので、挑戦してみるとおもしろいですよ。

ing110509_114

ストレス編

ストレスをためないことも美しく健康でいるためには大切です。ストレス解消法にもいろいろありますが、私が特にオススメの方法を紹介します。

(5)感情を正直に表現する

イヤなものはイヤ、ハッピーなときはハッピー!・・・とできるだけ、素直に感情を表現するようにしてみてください。

大人の事情でそうもいかないわ!という方は、日記がおすすめです。誰にも見せないノートに、愚痴も、秘密の思いも、すべて吐き出すと、とってもスッキリしますよ。

夜の半身浴中に汗と一緒に出してしまえば、極上のデトックスになります。

ストレスをためないには、負の感情を上手に消化することが大切です。

(6)作り笑いをしない

「常に笑顔で」が大切だと思われがちですが、作り笑いは、顔の筋肉が凝り固まる原因になりますし、美容的にもよくありません。

内面からにじみ出る笑顔や、おだやかな表情でいることができれば、それがベストです。

そのためにも、日記をつけて自分の内面と向き合ったり、楽観的・前向きに考えられるように思考癖を変えていったりなど、心を穏やかに保つ工夫をしていきたいところです。

(7)鏡の前で笑ってみる

作り笑顔は逆効果となってしまいますが、自然ににじみ出る笑顔は美容にも健康にも一番です。

「笑顔に自信がない」と感じる人は、鏡の前で練習してみてください。

そのうち、とびきりの笑顔が身につきます。

なにより、笑っている自分の顔を見ているだけで、楽しい気分になってきますよ(笑)

まとめ

アンチエイジングは、スキンケアだけでなく、日々の習慣や、健康状態にも左右されます。

「20歳の顔は自然の贈り物。50歳の顔はあなたの功績」

というココ・シャネルの名言がありますが、美しさは、まさに、日々の思考や習慣で作られていくものです。

とくに、たるみ・ブルドッグ顔は、筋肉、脂肪、内臓、むくみなどと深く関係しているので、毎日の習慣をちょこっと変えていってみることで、予防していきましょう。

こちらの記事も読まれています。

私が本気でおすすめするアンチエイジング化粧水7選!しわ・たるみ対策

スポンサーリンク

シェアする

フォローする