わたしのお気に入りサプリメント5選【2016年2月版】

スポンサーリンク

普段、そこまでサプリメントに頼ることなく過ごしている私。

いや、できればちゃんと頼りたいんですけど、ものぐさな私はどうしても毎日きっちりとサプリメントを摂取するということができません(汗)

それでも、体調不良や肌荒れなどがつづくときは、サプリメントを摂るようにしています。

前も、愛用中のサプリメントについて書きましたが、内容が少しずつ変わってきたので、また書いてみたいと思います。

ビタミンC

これは前回と同じです。

とにかく、ビタミンCは、誰に聞いても、何を読んでも、重要!というイメージ。

免疫力アップ、美肌、美白、アンチエイジング、デトックスなど、十分に、そして、継続して摂取することで、うれしい効果が望めます。

特に、口内炎ができやすいとき、疲れが抜けないとき、お酒の付き合いが多かったときは、継続して飲むようにしています。

私が試した中で一番最強のビタミンCサプリメントがこちら。

まさに、飲む点滴級です。

ビタミンH(ビオチン)

こちらも、以前ビオチン療法が重要ということで紹介しました。

今回改めて紹介しようと思ったのは、美しい友人たちが揃っておすすめしていたからです!

まぁ、ビオチン療法という治療法もあるくらいだし、お肌にいいことは確かだと思います。

ビフィズス菌とオリゴ糖

美肌や、若々しさ、太りにくいからだ・スリムな体を作るためには、腸内フローラが重要。

腸内フローラを整えるためには、プロバイオティクスとプレバイオティクスを摂取することがポイントといわれています。

プロバイオティクスとは、乳酸菌やビフィズス菌など、腸内フローラ(腸内細菌)のバランスを改善し、体によい作用をもたらす生きた微生物のこと。

プロバイオティクスには、さまざまな種類があるのですが、今私が注目しているのが、ビフィズス菌の一種のB-3。

抗肥満ととして特許を取得しており、クリニック専売サプリメントとしても用いられています。美肌効果もあるので、女性にとってはぜひ摂取したいものです。

さらに、合わせて取りたいのが、プロバイオティクスの働きを腸内で助けるプレバイオティクス。代表的なものには、オリゴ糖があります。

乳酸菌だけ摂取しても、腸内の中で悪玉菌に負けてしまったら意味がありません。

特に、悪玉菌が優勢な人は、善玉菌の餌になるプレバイオティクス=オリゴ糖を一緒に摂ることで腸内環境を変えることができます。

乳酸菌系のサプリメントを摂取するなら、ぜひ一緒にとりたいところです。

オリゴ糖は純度の高いものを選ぶのがポイント。

私が飲んでるオリゴ糖→ 妊娠中・ダイエット中でも使える健康食品

プラセンタ

最近プラセンタ注射をはじめて、効果を実感していることもあり、プラセンタってすごい!って本気で思っています。

プラセンタ注射をはじめたことで、今まで亜鉛のサプリメントに頼っていた分は、全部解決されてしまいました。

プラセンタ注射を打つ時間がないという方は、サプリメントやドリンクの摂取がおすすめ。

豊富な栄養素と成長因子が摂取できる豚か馬のものを選ぶようにしましょう。

ちなみに、それ以外の、植物性や海洋性のプラセンタだと、アミノ酸やビタミンなどは含まれていたとしても、成長因子は含まれないからです。

肌や髪を綺麗にしたい人、疲れをとりたい人、若く見られたい人におすすめです。

※追記

プラセンタサプリメントは、ものによって全然違うので、高品質なものを選ぶというのがかなり重要!

できれば、美容クリニックを受診して「医療機関専売品」のプラセンタサプリメントを購入することをおすすめします。色々飲み比べてみましたが、医療機関専売品のものは、やっぱり全然違います。

私がずっとリピートしているプラセンタサプリメントは「JBPプラセンタEQカプセル」。こちらは、医療用プラセンタ注射「ラエンネック」を作ってる日本生物製剤社製の馬プラセンタサプリメント。

関連記事:医療機関専売品のプラセンタサプリ「JBPプラセンタEQカプセル」の口コミ

こちらも医療機関専売品のプラセンタサプリメントですが、高須クリニックのドクターズコスメジュランツのオンラインショップからも購入可能です。

私はいつもこちらで買ってます→JBPプラセンタEQカプセル

さいごに

なんらかの変化、効果を求めるなら、最低でも3ヶ月は継続したいところですね。

飲み続けている人と、そうでない人は、肌年齢が全然違う、という話を聞いたので、コツコツ継続して変化を楽しみにしたいと思います。

まとめ版→【30代アンチエイジング】超絶おすすめサプリメントまとめ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする