粉末緑茶と抹茶の違い

スポンサーリンク

デトックスとアンチエイジングのために超おすすめなのが粉末緑茶。

お茶っ葉をまるごと粉末状にしたもので、その見た目は抹茶を思い出させます。

あなたは、抹茶と粉末緑茶の違いをご存知ですか?

私はちょっと前までよくわかっていませんでした。

ふたつの違いをよく理解することで、以下のようなギモンが解決しますよ。

粉末緑茶でお菓子作りしてもいいの?

抹茶の代用で粉末緑茶を使ってもいいの?

抹茶じゃなくて粉末緑茶をすすめている理由はなに?

それでは、それぞれの特徴をみていきましょう。

抹茶の特徴

抹茶は、碾茶(てんちゃ)を粉にしたものです。

碾茶とは

碾茶は、茶摘み前に日光を遮断します。

摘み取られた生葉は、蒸して、揉まずに乾燥します。これが碾茶です。

さらに、石臼で挽いて粉末状にしたものが抹茶です。

抹茶の特徴

収穫前に日光を遮断することにより、旨み成分であるテアニン増加し、渋み成分であるカテキンが減少します。

旨味が多いので、料理やお菓子作りにも使われます。

「抹茶ラテ」が緑茶ではなく抹茶なのは、旨味が多いからです。

今大人気の粉末青汁に抹茶が含まれていたりしますが、あれも、抹茶の旨味を活用するためです。

逆に、抹茶ロールや抹茶ラテなどに、抹茶の代用で粉末緑茶を使ったとしたら、ちょっと渋かったり、物足りなかったりと、思ったような味にならないかもしれませんね。

テアニンについて

抹茶に多く含まれるテアニン。このテアニンはアミノ酸の一種で、旨み・甘みを感じさせる成分です。リラクゼーション効果あるとされています。

粉末緑茶とは

粉末緑茶は、煎茶(せんちゃ)を粉にしたものです。

私たちにとって一番馴染み深いお茶といえば、煎茶ではないでしょうか。

煎茶とは

煎茶は、太陽の光をたっぷりと浴びて育てられるのが特徴。

摘み取られた茶葉は、蒸して、揉んで、乾燥させて、余分なものを取り除いていきます。

粉末緑茶の特徴

日差しを浴びることにより、旨み成分・テアニンは渋み成分・カテキンに変化します。

煎茶を粉にした粉末緑茶は、抹茶にくらべると、旨み(テアニン)が少なくて、渋み(カテキン)が多いということになります。

ちなみに、私が飲んでいる粉末緑茶は、渋いというより「さっぱり、スッキリとした味わい」といったほうがぴったりです。

カテキンについて

粉末緑茶にたっぷりとふくまれる渋み成分のカテキン。こちらはポリフェノールの一種です。

  • 抗酸化作用
  • 老化抑制
  • 抗アレルギー
  • 殺菌、抗菌
  • 口臭、体臭対策
  • 血糖値、コレステロール値、血圧のコントロール
  • 脂肪の分解と燃焼の促進

このように、多くの効果・効能があるといわれています。

抹茶と粉末緑茶の違い

碾茶を原料とした抹茶と、煎茶を原料とした粉末緑茶。

碾茶と煎茶では、育てられる畑と、製造過程に大きな違いがありました。

味わいや、栄養面でも、それぞれ個性が異なる、まったく違う飲み物だということがわかります。

ちょうどうちに、抹茶と粉末緑茶があったので、比較してみましょう。

2015-11-07 16.11.11

(左)抹茶、(右)粉末緑茶

色がぜんぜん違いますね!

抹茶の方が鮮やかな美しい緑です。それに比べると、粉末緑茶はちょっと黄味がかったような、くすんだ色をしていますね。

粉のまま、味をくらべてみると、抹茶は「お茶の旨みと甘み」を存分に楽しめます。テアニンのなせる技ですね。渋みはほとんど感じられません。

一方、粉末緑茶の方は、渋いです!(笑)普段水で薄めて飲む分には、まったくわかりませんでしたが、粉をそのまま舐めてみると、渋い!カテキンパワーですね。

美容と健康のためなら粉末緑茶

アンチエイジングのために。健康のために。すらりとしたスタイルをキープするために。

このように、美容と健康を維持するために、1日1〜3杯程度の粉末緑茶がおすすめです。

粉末緑茶だと、カテキンが効率よく摂取できます。食物繊維やビタミンも豊富なので、便秘改善にも役立ちます。美容ドリンクとして毎日の習慣にすることで、老化を予防しながら、キレイをキープしてくれます。

私が飲んでいる粉末緑茶 はこちらです。

こちらの記事も読まれています。

白井田七茶の魅力。デトックスやアンチエイジングにも

スポンサーリンク

シェアする

フォローする