美肌になるための基礎化粧品の選び方・3つのポイント

スポンサーリンク

私は長年肌トラブルに悩まされてきました。

肌トラブルというのは・・・繰り返すニキビ、超敏感肌、ほぼ毎日肌荒れ、化粧ノリが悪い、インナードライ、超乾燥肌などなど、本当に重症でした。

口コミサイトランクインの人気だったり、SNSで話題だったりするコスメで化粧品かぶれ(しみる、ピリピリする、赤くなる)をおこしてしまうなんてざらにありましたし、

常にどこかにニキビができているような状態でした。

当然ファンデーションのノリも悪いので、ノーファンデ派、使ってもミネラルファンデーション・・・という感じでした。

だからこそ、美肌への探求は貪欲で、様々な書籍を読み漁りましたし、

美容法を自分で試したりもしてきました。

※肌断食も2〜3年くらい実践していました。

2年間肌断食してみたリアルな感想

こんな私ですが、去年の1年間で肌質改善に成功!

今ではニキビは一つもありませんし(た〜まにひとつポツッとできることもありますが、すぐに治ります)

ファンデーションのノリもよくなりました。

日中の乾燥も「朝このスキンケアをすれば、大丈夫」ということが自分のなかでわかるようになりました(たまに、新しい化粧品を朝使って、日中乾燥する・・・ということもありますが)

ここまで、この美容ブログを運営しながら、色々と試行錯誤してまいりましたので、

今回は「美肌になるための基礎化粧品の選び方」というのを考えてみたいと思います。

美肌になるための基礎化粧品の選び方・3つのポイント

高くても安くても、人気の商品でもマイナーな商品でも、「自分の肌に合っているもの」を選ぶということが重要です。

(1)試供品・トライアルセット等を使ってみて、肌に合わないものは使わない

当たり前のようですが「肌に合わないものは使わない」!!

これは大前提です。

肌に合わないというのは、たとえば、

  • 刺激(ピリピリする、かゆみ、赤み)を感じる
  • 乾燥する

などです。

刺激を感じるものを無理に使い続けていくと、肌のバリア機能が壊れて敏感肌が悪化したり、炎症が起こり、シミ・シワ・くすみなどの老化を引き起こしてしまったりすることがあります。

「敏感肌におすすめ」と明記されているものや「アレルギーテスト済み」のものを選ぶというのも一つの手です。とはいえ「敏感肌用でも自分の肌に合っていない」、「アレルギーテスト済みでもすべての人にアレルギーが起こらないわけではない」ということもありますので、まずは試供品を使ってみるのがベスト。

あとは乾燥するものもやめたほうがいいです。これでは意味がありません!

※日焼け止めクリーム、化粧下地、ファンデーションが乾燥を引き起こしている場合もあります。

スキンケア直後は、しっとりとうるおいを感じられると思いますが、日中の乾燥がひどいものは、もしかしたらあなたにとっては保湿力が足りないのかもしれません。

クレンジング剤や洗顔料で、洗い上がりがつっぱる、というものNG!

洗い上がりも、ちゃんとうるおいを守ってくれるものはたくさんあるので、そちらのほうがおすすめ。

「吹き出物ができる」というのもありますが、これは、女性ホルモンが影響している可能性もあるので、新しい化粧品は生理が終わった直後の1週間くらいの間に試すようにするといいでしょう。

(2)自分の肌の悩みにあった成分が配合されているか?

次に気をつけたいのは「自分の肌の悩みにあった成分が配合されているか?」ということ。

20代ならまだしも、30を過ぎたら自分の肌質・肌の悩みを把握して、それに対応している成分が配合されている基礎化粧品を選ぶということが大切です。

たとえば、

乾燥肌、敏感肌→セラミド

美白→ビタミンC、ビタミンC誘導体、プラセンタエキス、トラネキサム酸、ハイドロキノン、ルミキシルペプチド

ハリの低下→ビタミンC誘導体、レチノール、成長因子(GF、3GF)

3GF(EGF・FGF・IGF)化粧品の働きとは?

「配合されている成分にはどのような働きがあるのか?それが自分の悩みに合っているか?」というところをチェックするといいです。

大人でニキビや皮脂が気になるという場合、実は乾燥肌、インナードライ・・・ということがあるので、まずは、きちんと保湿して、肌の状態を整えることが大事です。この場合もセラミド化粧品がおすすめ。

ニキビができるし、Tゾーンがテカるからと、10代用のニキビ対策コスメなどを使わないようにしましょう。

悩みが「あれもこれも」とあり、吹き出物や敏感肌、乾燥肌で悩んでいる方は、まずセラミド配合化粧品を使って肌を立て直すことをおすすめします。

私もこのタイプでしたが、セラミドを高濃度(4.25%)で配合した美容液を1本使い切る頃には、肌がぐんと健康な状態に近づいていました。

セラミド高配合!ジュランツ セラリッチミルクを1週間使った口コミ

(3)信頼できるメーカーのものを買う

それでも、たくさんコスメがあって選べない!と思うこともあると思います。

そんなときは、自分が信頼できる!と感じたメーカーから購入するようにしましょう。

まず、その基礎化粧品のブランドサイトやパンフレットを読み、

  • この基礎化粧品にはどんな特徴があるのか?
  • どんな成分が配合されていて、どんな悩みに適しているのか?
  • 試供品やトライアルセットはあるか?

などといったことをチェックしてみましょう。

店頭で購入する場合は、販売員の方からお話をじっくりときくのもいいと思います。

「無添加」「オーガニック」といえば、全部が全部肌に優しいわけでもないので(優しいものもありますが)、ちゃんと中身を確認してから購入することが大切です。

ここで、疑問や不安が残る場合は、一旦保留にしておきましょう。

もともと肌が弱かった私は「口コミで超高評価」「話題の人気商品」「友達からすすめられた」というだけでは、肌に合わないことがよくあるので、

自分の足で、基礎化粧品を探し歩く癖がついたのですが、

これを繰り返していくと、あるときから「勘」でわかるようになってきます(笑)

正しい基礎化粧品の使い方

自分の肌にあった、上質な化粧品を使っていても、ハチャメチャで自己流の使い方をしていては意味がありません。

なんだかんだいって、メーカー推奨通りの使い方・目安量で使うのが無難です。

一般的には、

クレンジング→洗顔→化粧水→(美容液)→乳液→(クリーム)となっていると思います。

これを、目安量を守りながら、淡々とお手入れしていくだけでOKです。

あと、気をつけたいのは、ゴシゴシしない、バシバシ叩かないということ!コットンで拭き取る場合は、上質なコットンに十分に化粧品を含ませてから、優しく肌の上を撫でるように使います。

化粧水や乳液、保湿クリームでそのままマッサージ、というのもおすすめできません。マッサージには、マッサージ用クリームを使いましょう。

摩擦は、敏感肌・乾燥肌・くすみ・老化を引き起こします。今はわからなくても、忘れた頃にツケが回ってくることもあるのです。

その他、美肌のための気をつけること

30をすぎたら、美顔器などでスペシャルケアを取り入れていくのもおすすめ。

【ブロードイオン】2週間ほぼ毎日イオン導入した効果と口コミ

トリアスキンエイジングケアレーザーの口コミまとめ

スキンケア以外で美肌のために気をつけられることとしては、

  • 日焼け止めクリーム、化粧下地、ファンデーションなどの見直し
  • きちんと睡眠をとる
  • 食事の栄養バランス、食事をとる時間などに気をつける
  • 運動する、適度に体を動かす
  • 湯船に浸かって体を温める
  • 紫外線対策を万全にする
  • 乾燥する部屋では加湿器を使う
  • 疲れ、ストレスをためない
  • 腸内環境を整える

などです。

これができれば理想的ですが、なかなか難しい!という方もいるかもしれません。

そんなときは、サプリメントなどを活用するのもひとつの手だと思います。

美肌や疲れなど、万能的にいいものであれば、水素サプリメントがおすすめ。

水素には抗酸化作用・活性酸素除去作用があり、

  • 肌、髪
  • 疲労
  • 睡眠
  • 二日酔い対策
  • 病気の予防
  • 老化予防、若返り

など、幅広くサポートしてくれます。

「水素サプリメントならなんでもいい」というわけではなく、玉石混交なところがあるので、

水素の発生量や、吸収率などもきちんと確認する必要があります。

ちなみに、私も水素サプリメントを飲みはじめて2〜3ヶ月ほど経ちますが、水素サプリメントは、水素水とは全くの別物と言っていいと思っています(笑)

水素サプリメント【水の素(みずものと)】飲みはじめたので口コミ

さいごに

「新しい基礎化粧品を使った途端肌が劇的に若返った!」

ということはないかもしれませんが、

もし今まで自分の肌に合わない基礎化粧品を使っていたり、間違った方法でスキンケアしていたりした場合、

今回紹介した選び方で基礎化粧品を変えて、正しい方法でスキンケアするだけでも、

肌は健康に近づいていくと思います。

一度、きちんと自分の肌に合ったものを選び直すことで、乾燥や肌荒れなどの悩みがなくなるかもしれません。

こちらの記事も読まれています。

美肌になりたい!肌質改善のためにまず見直すべきなのは洗顔とクレンジング

スポンサーリンク

シェアする

フォローする