脂漏性皮膚炎治療法についての問い合わせへの回答・前編

スポンサーリンク

過去に肌荒れを起こして、皮膚科を受診したら脂漏性皮膚炎と診断されたことが何度かあります。

私は、皮膚科での治療がすんなりいくタイプなのか、皮膚科の先生の腕のおかげなのか、

脂漏性皮膚炎と診断されたあと、塗り薬と飲み薬を処方してもらうことで、すぐに綺麗に治っていました。

ちなみに、最近は、脂漏性皮膚炎にはかかっていません。

※最近は、別の部位(頭皮、腕、脚など)の肌荒れがひどく、皮膚科を受診したところ、(確か)慢性の湿疹と診断されました。

さて、ましゅまろさんから以下のような問い合わせをいただきましたので、記事にて返信させていただきます。

初めまして。
今回は脂漏性皮膚炎について
相談したくてお問い合わせさせていただきました

なんども起こしてたと
ありますが今はどうですか?
治療法など教えてほしいです。

肌断食を半年程していて、
でも、かさつきというか皮向けが収まらず
化粧水を付けるようになったら
肌触りはだいぶ改善されました。
ですが
脂漏性皮膚炎のような所々軽くガサガサ
軽く赤みとあり、今は真菌を退治するお薬をぬってだいぶましになりましたが皮向けが起きていてたまに痒かったりします。治療を初めてもうすぐ2週間になります。
脂漏性皮膚炎部位以外の肌触りはよくなり
化粧水は辞めていません。

良ければ完治なさっていたら
治療法や、スキンケアのアドバイスが欲しいです。

問い合わせありがとうございます。

では、私からの返信をさせていただきます。

まず、一番気になる点としては、現在皮膚科にかかっているのでしょうか?

「お薬をぬっている」「治療をはじめてもうすぐ2週間になる」とのことですが、「皮膚科に通院中である」との明記がなかったためご確認しました。

皮膚科に通院中であれば、お医者さんの指示通りにお薬を使ったり、日常生活で注意したりしながら過ごしてください。

そして、先生に、

  • たまに皮むけが起きて、かゆみもある
  • スキンケア化粧品ではなにを使えばいいか?おすすめのスキンケア化粧品があれば教えてほしい

などについて質問してみてください。

ましゅまろさんは、現在、皮膚トラブルに悩み、皮むけや痒みなどの症状に悩んでいるとのことですから、

ただの美容ブロガーである私よりも、皮膚科の先生のアドバイスの方が絶対にましゅまろさんのためになります。

もし、皮膚科を受診していないのであれば、今すぐ皮膚科を受診することをオススメします。

理由としては「脂漏性皮膚炎と思っていたのに、実はそうではなかった(=今までつけていた薬が間違いだった)」ということがありえるからです。

そして、脂漏性皮膚炎にしても、ほかの皮膚トラブルにしても、皮膚科で診てもらい、薬をもらうほうが、圧倒的に安心・確実です。

皮膚科に行けば、何もかも完璧に治る、というわけではないかもしれませんが、皮膚科以上に確実に診てもらえる場所はないということです。

次に、「化粧水だけをつけている」という点が少し気になります。

肌断食関連の本には「基礎化粧品の中で化粧水が一番肌に負担がかからない」ということが書かれています。

たしかにそうかもしれませんが、私自身は、化粧水だけをつける、ということはしません。

化粧水だけ肌につけても、化粧水は水分ですから蒸発しやすいですし、蒸発するときに角質に負担をかける、ということがいわれているからです。

ただし、世の中にはいろいろな化粧品が存在していて、「化粧水なのに、これだけつけておけば保湿はOK」という商品も存在します。

どうしても化粧水だけを使いたいなら、そのような化粧水に切り替えてみてはいかがでしょうか。

しかし、現在、肌トラブルに悩まされているとのことなので、

やはり、皮膚科の先生にスキンケアについても相談してみることをおすすめします。

最後に、肌断食について。

私は、関連書籍をすべてといっていいほど読み漁り、2〜3年ほど肌断食をしてみたことがあるのですが、皮膚が大変なことになり、皮膚科の先生に診てもらい、その結果、肌断食をやめることにしました。

肌断食が悪いといっているわけではありません。肌断食で難なく美肌を保たれている方もたくさんいると思います。

ただ「合わない人」というのも存在するのです。

私は、この「合わない人」だったようで、皮むけ、かゆみ、赤みなどがひどくなりました。

このとき、私は別件で皮膚科へ行ったのですが、先生は私の顔を見るなり「どうしたの?大丈夫?」といって、塗り薬とスキンケア化粧品をくれました。しかも、これで、あっさりと美肌に戻ったのです。これをきっかけに、肌断食もやめました。

もしかしたら、ましゅまろさんも、私のような肌タイプなのかもしれません。

赤みやかゆみなどは、皮膚のSOSサインであることもあるので、続くようであれば皮膚科の先生に相談されてください。

長くなってしまいましたので、以下にまとめます。

*皮膚科を受診しているなら、皮膚科の先生の指示に従う

*受診していないなら、今すぐ皮膚科を受診する

*皮膚科の先生に、スキンケアや基礎化粧品について相談してみる

*「化粧水だけスキンケア」を見直してみる

*肌断食を無理して続けない

私からお伝えできることは、以上です。

どうか、ましゅまろさんがなめらかで健やかな美肌を取り戻されますように。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする