これで完璧!マツエクのもちをよくするための10の対策

スポンサーリンク

まつげエクステの歴史というものをネットでちゃちゃっと調べてみたところ、2000年にまつげエクステ登場、2003年から徐々に普及してきた、とありました。

たぶん、私がはじめてまつげエクステをつけたのは2004〜2005年(計算・記憶が間違ってなければ)

当時、たまに行っていたネイルサロンの新メニューとして、まつげエクステが登場した、という感じでした。「まつげエクステサロン」ではなくて、ネイルサロンや美容室の新メニューという感じ。

あれから、休止期間もはさみつつですが、10年以上まつげエクステを続けていることになります。

まつげエクステの「ガラッと印象が変わる感じ」「目元に深みが出て・華やかになる感じ」「スッピンでもいい感じ」という魅力にハマってしまったのです。

結構長い間、まつげエクステの施術を受けてきたので、私はアイリストではありませんが、いち消費者として「まつげエクステの持ちを良くするためにやっていること」を洗いざらいリストアップしてみました。

まずは、基本事項をチェック!

こちらは、マツエクの持ちをよくするための基本的な注意事項です。アイリストさんから教えてもらうことも多いと思います。

(1)6時間は水に濡らさない

(2)まつげ美容液やアイメイクは翌日〜翌々日から

(3)つけたて(3日〜1週間程度)はジム・岩盤浴・サウナ・プール・半身浴など、長時間ぬれるようなこと・汗をたくさんかくことはしない(するなら、リペア前にする)

(4)むやみに触らない、こすらない

(5)泣かない

(6)水分、油分と繊維は大敵
→水分や油分(基礎化粧品やメイクアップコスメの油分、自分の皮脂)はもちろん、タオルや寝具の繊維もエクステがとりやすくなる原因になる

まつげエクステが取れやすい6つの意外な理由

ちなみに、以下に当てはまる方は取れやすいと言われているので、とくに注意です。

(1)オイリー肌、皮脂が多い方

(2)油分が多い保湿化粧品(クリーム、オイル)や、クリームファンデーションを使っている方

(3)アイメイクが濃い方

(4)アレルギー体質、花粉症の方

(5)「敏感肌」ということをアイリストさんに念押しして伝えている場合、「肌に優しいけど取れやすいグルー」を使われることがあります。今では、「肌に優しく、取れにくいグルー」もある、という話を聞いたことがあるので、アイリストさんに相談してみるといいと思います。

(6)まつ毛自体が弱っていたり、抜けやすくなっていたりしている

マツエクの持ちをよくするための10の対策

以下、特筆すべき点です。

見落としがちなものもあるとは思いますが、今から書くことは、最低限の重要なことです。

これをしないなら、2週間に一度リペアに行くことになっても文句はいえません、と自分では思ってます。

(1)洗顔料にこだわる

洗顔料にはとことんこだわります。

安心なのは、オイルフリーやダブル洗顔不要のものや、「まつげエクステOK」表示のあるもの。

とくに、つけたて(3日〜1週間くらい)はオイルフリーのものを使うようにします。

私の場合、それをすぎたら、クリームクレンジングなども使っちゃってますが、取れやすい方やなれない方は、オイルフリーにこだわったほうがいいと思います。

オイルフリークレンジング1位の【オルビス クレンジングリキッド】口コミ
オイルフリーのクレンジングリキッドの中では一番売れているんじゃないかなと思うほど大定番で大人気のオルビスクレンジングリキッド。 私がは...

(2)洗顔後はドライヤーで乾かす

これ、すっごく重要です!!

するとしないとでは、もちが全然ちがってきます。

ドライヤー(冷風)の風で肌が乾燥してしまう感じが気になっていたのですが、リュミエリーナヘアビューザー に変えたことで、一気に使いやすくなりました。

リュミエリーナは美髪はもちろん、美肌、リフトアップ、コラーゲン生成にいいなどと言われています。

実際使ってみると、肌が乾燥してつっぱる感じがしないし、ツヤとハリがでてきます。多分、まつげにもいいはず。

魔法のドライヤー!リュミエリーナヘアビューザープロフェッショナル[HBE2D-P]購入しました
ついに、あの魔法のドライヤー【リュミエリーナヘアビューザー】を購入しました! 今使っている低温ドライヤーも気に入っているし、 リュミ...

(3)コーティング剤やまつげ美容液などを使う

今はコーティング剤もたくさんいいものが出てきているようです。私はサロンですすめられるものは、どんどん買うタイプです。

まつげエクステには、やっぱりつけてもらったサロンのコスメを使うのが安心です。

コーティング剤を使うと、もちがよくなります。

コーティング剤はまつげ美容液を兼ねていることがあって便利なのですが、まつげ美容液だけを使うというのもありだと思います。

まつ毛を太く丈夫に保つことができれば、その分エクステの持ちもよくなりますから。

コーティング剤やまつげ美容液をつけるときは、ジグザグしない!ということに気をつけます。

(4)スキンケア直後に寝ない

夜、スキンケアをしたあと、ベトベト、テカテカした状態で、すぐにベッドに入るとエクステに油分や水分がついて、落ちやすくなってしまうことがあります。

基礎化粧品が肌に浸透・密着してから布団に入るようにします。

(5)目元はできるだけ薄化粧にする

アイシャドウ、アイライナー、マスカラなどの成分も、エクステを落ちやすくしてしまう原因になることがあります。

メイクするときの摩擦も刺激になります。

メイクを全くしない、というわけにはいきませんが、できるだけ薄化粧を楽しんでみるようにすると、エクステのもちもよくなります。

(6)マスカラはお湯で落ちるものを使う

マスカラをつけるなら、絶対お湯で落ちるものを選ぶようにします。

これも、できればサロンで買ったほうが、エクステとの相性的に安心です。

いくらお湯に落ちるマスカラでも、エクステには負担がかかりますし、商品によっては取れやすくさせてしまうものもあります。できれば、つけたてはマスカラ自体をつけないほうがいいです。

マスカラをつけるときは、根本や接着部分を避けて、毛先にスッとつけるようにします。

(7)日中あぶらとり紙を使う

皮脂が多く出てしまう方は、それもエクステを落としやすくしてしまう原因になるので、日中はあぶらとり紙で適度に皮脂をとるようにします。

(8)つけたては、料理の蒸気にも注意

当日は、料理中の蒸気などにも注意です。

しゃぶしゃぶや鍋はとくに蒸気が多いので、つけたては我慢したほうがいいかもしれません。

大衆焼鳥居酒屋・焼肉屋さんなど、空気中の油分や水分が多そうな場所も避けます。

(9)アレルギーの人は、内服薬・点眼薬を常備

アレルギー・花粉症体質の場合、かゆみで知らず知らずのうちに目をこすってしまったり、涙がたくさん出たり、ということがあります。これが原因で、エクステを落ちやすくしてしまいます。

私は、鼻炎の症状もあるので、耳鼻科で内服薬や目薬を出してもらいます。

(10)まつ毛にいい食生活をする

まつ毛を丈夫に保つには、食生活・栄養面に気をつけないといけません。

よくありがちなのは、ダイエット中や少食で、タンパク質が足りてないということ。

私もタンパク質が足りなくなることがよくあるので、進化したコラーゲン【BMペプチド5000】を毎日おやつ代わりに食べています。これは、体内のコラーゲン生成を促してくれるペプチドで、髪・肌・爪などを丈夫に保ち、隠れ老化対策になるともいわれています。

BMペプチド5000!リピート&定期購入している特許コラーゲン
皮膚・骨・関節などの細胞にシグナルを出して、コラーゲンを作るスイッチをオンにしてくれるBMペプチド。 BMペプチドは、新田ゼラチンが開...

ほかにも、まつげのためには、ビオチン、ポリアミン、亜鉛、ビタミンなどがいいといわれています。

これらを効率よく摂取するときは、まついく専用サプリメントバンビウィンク が便利です。上記のような、まつ毛にいいと言われている成分をまとめて摂取できます。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-20-14-28-33

雑誌などでも「まつ毛が濃くなる」みたいに絶賛されていたこともありましたし、

私の周りでは「まつげが伸びる」「マスカラが楽になる」と、もはや定番です。

先程もいったように、ダイエット中や少食の方は、バンビウィンクを飲むだけでもまつ毛が丈夫になってくる感じがわかりやすいと思います。

最強まついくサプリメント!バンビウィンクでまつげをぐんぐん育てる
まつげ育毛してますか? 私は、長年まつげエクステ派ということもあり、まつげへのダメージが気になっているので、まつ毛美容は気を使うようにして...

まとめ

マツエクの大敵は、

  • 油分(化粧品、皮脂)
  • 水分(汗、涙、湿度、蒸気)
  • 摩擦(さわる、こする、掻く)

ほかにも、

  • アレルギー体質
  • まつ毛が弱っている

などが考えられます。

  • 洗顔料にこだわる
  • 洗顔後、入浴後は、まつげをドライヤーで乾かす
  • コーティング剤やまつげ美容液を使う
  • スキンケア直後に布団に入らない
  • 目元は薄化粧にする
  • お湯に落ちるマスカラを使う
  • 日中はあぶらとり紙を使う
  • つけたては、料理の蒸気にも注意
  • アレルギーの人は、内服薬・目薬を使う
  • まつ毛にいい食生活をする

以上の10の対策を取り入れながら、マツエクと長く付き合っていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする