ハリツヤキメが命!いくつになっても若々しい肌を保つ3つの対策

スポンサーリンク

elly134091024_TP_V

「若作り」は痛々しいけど、年齢よりも若く見られたら嬉しい、というのが本音。

大人の女性としての魅力は磨きつつも、美しくありたいと願うのは当然のことです。

「枯れる」のではなく「熟す」

ここの差は大きいと思います。

そして、その差はどこにあるか?といったら、

  • たたずまい、動作
  • 表情
  • 話し方

こんなところだと思います。

こういう些細なところの総合点で、「美人オーラ」みたいなものが決まって着るのだと思います。

「美しくありたいと願う気持ち」「健康的な生活」「穏やかな心、好奇心旺盛な心」・・・

いくつかの要素がそろって、「年齢に左右されない美女」が完成するのだと思います。

女性はやっぱり「肌」が命

50代、60代になっても、透明感のあるプリプリとした肌の女性がいます。

その一方で、20代なのに、くすみや乾燥、小じわに悩まされている女性もいます。

年齢を超えた美しさは、やはり、肌が占める割合は大きいと思います。

キーワードは、ハリ・ツヤ・キメ です。

ハリ・ツヤ・キメのある肌は、透明感がありますし、清潔感や若々しさといった印象をあたえるものです。

ハリ・ツヤ・キメを整えて若々しい肌を保つための3つの対策

プリプリとしたハリ、透明感など、若々しく魅力的な美肌を作るためには下記のことに気をつけてみるといいかもしれません。

(1)「エイジングケア」のためのコスメを使う

30をすぎたらエイジングケア用の基礎化粧品に切り替えてみるのもいいかもしれません。

あのドモホルンリンクルも30歳以上から使うように作られています。

30歳から使いたい【ドモホルンリンクル】5つの特徴とは?

年齢肌専用に作られた基礎化粧品は、シワ・シミ対策、ターンオーバーの正常化、ハリなどに効果がある成分を使われていたりしますから、そうでない化粧品を使いつづけているのとでは差がでて当然かなと思います。

(2)念入りな紫外線対策

紫外線は肌の老化の最大の原因ですから、全力で対策していきましょう。

私が実践していることとしては、

  • 365日日焼け止めクリームを塗る
  • 日焼け止めサプリメントを飲む
  • 帽子・日傘・サングラスなども活用する

ということです。

あと、私はスマホやパソコンをよく使うので、ブルーライト対策にも気をつけています。

スマホ・パソコンで老け顔!?老化の原因ブルーライトをカットする3つの対策

ドモホルンリンクルの光対策ドレスクリームはブルーライト対応です。

(3)食事、運動、入浴にも気をつける

基本的な生活習慣も、美容や健康のために大切です。

  • バランスのとれた食事
  • 適度な運動
  • 入浴で血行促進&リラックス

以上の3つだけでもいいので、気をつけてみると変わってくると思います。

私の場合、睡眠時間をきちんと確保しないと疲れやすくなってしまうので、毎日ちゃんと寝るようにしています。ショートスリーパーの方はまた別かもしれませんが、そうでない私は、睡眠の質を高めることで、疲労もとれて、肌も綺麗になる気がします。

42度の湯船に10分つかるだけで若返る「HSP入浴」についてはこちら。

なぜヒートショックプロテイン(HSP)が若返りの鍵を握るのか?

まとめ

若々しい美肌、ハリ・ツヤ・キメを守るために必要なことは、

  • 年齢に応じたスキンケア
  • 念入りな紫外線対策
  • 食事・運動・入浴

このように、意外と簡単なことなのです。

よほど不摂生してしまうとかであれば、美容クリニックやエステの力を借りるという対策が必要になってくるかもしれません。

肌がツヤツヤしているだけで、若々しく明るい印象になるので、スキンケアと生活習慣だけでも気をつけていきたいです。

こちらの記事も読まれています。

私が本気でおすすめするアンチエイジング化粧水7選!しわ・たるみ対策

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

error: Content is protected !!