するとしないとでは10年後に差がつく!とっておきのアンチエイジング法3選

スポンサーリンク

-shared-img-thumb-PEZ_2090_TP_V3

化粧品にしてもサプリメントにしても、すぐに効果や変化が見て取れるようなものではありませんが、

身体にいいことを継続してつづけたり、上質なコスメを選ぶようにしたりすることで、数年後、数十年後に、「まわりと比べて肌が若々しいのは、アレのおかげかも」と思うようなこともあるのではないでしょうか。

美しさを保っている人や、美肌の持ち主は、決まって「とっておきの美容法」を持っているものです。

今回は「するとしないとでは10年後に差がでる!」といわれている美容法をあげてみました。

サプリメントを飲む

美肌のために、サプリメントを飲みつづけているのと、いないのとでは、数年〜10年後以上に差がでる、なんていわれています。

美肌のために続けたいサプリメントといえば、

  • ビタミンC
  • ビオチン
  • Lシステイン
  • プラセンタ

などが、基本的なところだと思います。

個人的には、H.G.H リッチ という成長ホルモン促進サプリメントが実感を得られやすくて好きです。こちらは、ビタミンもバランスよく配合されているので、最低これだけ飲んでいればOK、という安心感もあります。

新陳代謝をアップして、ダイエットのサポートとして使う人も多いみたいです。

体脂肪率のわりに、基礎代謝量が多いのは、これのおかげかも?

成長ホルモン系サプリ!フラセラ H.G.H リッチを2週間飲んだ口コミ
若返り効果がある成長ホルモン=HGH(human Growth Hormone)。 この成長ホルモンを直接補給する方法は、ハリウッドセレブ...

緑茶を飲む

「シミがないのは緑茶のおかげ」

「毎朝飲んでいるから肌が綺麗」

なんて、身近なところでもよく聞きます。

最近では、世界中で「美肌茶」「デトックスティー」なんて呼ばれて愛されているみたいですね。

緑茶は、日本スーパーフード協会が世界に推奨する「ジャパニーズ・スーパーフード」なのです。

ちなみに、スーパーフードの定義は、

  • 栄養バランスに優れ、一般的な食品より栄養価が高い食品であること。
    あるいは、ある一部の栄養・健康成分が突出して多く含まれる食品であること。
  • 一般的な食品とサプリメントの中間にくるような存在で、
    料理の食材としての用途と健康食品としての用途をあわせもつ

引用:日本スーパーフード協会

緑茶は手に入りやすいですし、味も慣れ親しんだもの、というところがいいですね。

日本人の体質と相性も抜群だと思いますよ。

私は繊維も栄養も丸ごととれる粉末緑茶 を愛飲しています。こちらのものは、100%無農薬栽培なので安心してつづけられています。

白井田七茶の魅力。デトックスやアンチエイジングにも
デトックスドリンクとして、私の生活に欠かせない粉末緑茶。もうすぐ還暦をむかえる母にすすめてみたところ、「お通じがよくなった」と大変満足し...

フラーレン化粧品を使う

IKKOさんや君島十和子が紹介したことで、一気に広まったフラーレン。

化粧品を買うならフラーレン配合!という人も多いのではないでしょうか。

フラーレンのなにがそんなにすごいかというと、

シミ、シワ、たるみなどの老化や、肌荒れの原因となる活性酸素

これを除去する働き(=抗酸化作用)がビタミンCの172倍ともいわれています。

このフラーレンこそ「使っている人と使っていない人とでは、10年後に差がでる」といわれているんです。

私が使っているのは、フラセラのアンフェイディングローション

フラセラは、六本木の美容皮膚科医である工藤さやか先生が100%開発に携わったドクターズコスメなので安心して使えます。先ほど紹介したHGHリッチもフラセラのものです。

水溶性フラーレン規定濃度を満たしているラジカルスポンジマーク付き。

高濃度フラーレンをぐいっと肌に吸収させるイメージをしながら、ローションを洗顔後一番につけて肌を整えるのがお気に入りです。

フラーレン高配合!フラセラ アンフェイディングローションの口コミ
ドクターズコスメ フラセラのアンフェイディングローション を紹介します。 フラセラは、六本木の美容皮膚科わかばクリニックの院長工藤さや...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする