実際に便秘解消&腸内環境改善に効果があったと思う5つの習慣

スポンサーリンク

もともと腸内バランスが崩れているのか便秘になりがちだったのですが、最近はすごく調子がいいです。

運動量はどちらかといえば減ってきているので、多分食生活の習慣がよかったのかなと思っています。

変化がある前後の習慣を比較しながら、腸内環境が整い、便秘が改善されてきたことに影響していると思うものを片っ端からまとめてみました。

どれか一つだけが関係しているのかもしれないし、いろいろやってみた相乗効果かもしれません。とりあえず、全部やれば腸内環境はガラリと良くなるでしょう。

毎日ぬか漬けを食べる

最近自分でぬか床を作ったので、毎日野菜をつけて、ぬか漬けを食べてます。

おなかの調子が良くなってから取り入れた習慣なので、もしかしたら影響しているのかも?

ぬか床には、酵素や乳酸菌が豊富に含まれているので、体にいいに決まってますよね。

ただし、塩分には注意が必要です。

プラセンタ注射

こちらも最近取り入れた新習慣。

プラセンタ注射は便秘にも効果があるとされています。

でもまだ、はじめて1ヶ月くらいしか経ってないし、そんなにすぐ効くものなのかしら?

プラセンタの体験記一覧はこちらです。

プロバイオティクスの摂取

プロバイオティクスとプレバイオティクスの摂取を意識することで、善玉菌を増やして、腸内フローラを整えることができます。

プロバイオティクスとして私がよく摂取していたのは、ラブレかブルガリアヨーグルトです。

特にラブレのほうは、私とすごく相性がよかったみたいで、すぐにおなかに効きます。

ブルガリアヨーグルトは、安くて手軽に手に入るので、さらに効果を実感したいときにオリゴ糖と混ぜて食べてます。

オリゴ糖の摂取

プレバイオティクスとしては、オリゴ糖(カイテキオリゴ )を摂取しました。

意外と今までこれができてなかったわけですが、大事なんだな〜と実感できます。

プロバイオティクス(乳酸菌やビフィズス菌など)だけ食べても、腸内環境が最悪だったら悪玉菌に負けちゃいますよね。でも、プレバイオティクスを一緒に摂取すれば、プロバイオティクスのエサになって、どんどん乳酸菌やビフィズス菌が増えていってくれるというわけです。

食品からの十分の量が摂れないので、純度の高いオリゴ糖でしっかり摂取することがポイントですね。

関連:2週間で変化あり!カイテキオリゴで腸内環境を手っ取り早く整える

水素サプリメント「水の素」の摂取

個人的に一番確実だと思っているのが「水の素」 水素サプリ

1カプセルで水素水1リットル分の水素を摂取でき、さらに胃腸で水素が発生するように設計されているから、効率よく水素を吸収できるんです。

水素水も流行っていますが、水素水だと水素が抜け出たり、飲んだあとも呼吸やゲップなどで水素が排出され、十分な量を摂取できないといいます。

でも「水の素」は、そんな水素の弱点をカバーした素晴らしいサプリメント。

本気で水素のよさを実感したいなら「水の素」を飲んでみることをおすすめします。

私は水素水飲んでも全然そのよさがわからなかったんですが、水の素を1日2〜4カプセル飲みはじめてすぐにお腹の調子が整うことを実感しました。

毎日飲めば、毎日「お便り」がきます、それも理想的な状態で(笑)

水素サプリメントも色々ありますが、商品によっては、水素の発生量・吸収率が乏しいものも多いので、注意が必要です。

ちなみに「水の素」は、文春で一番水素量が多い水素サプリメントとして掲載されたのだとか。

水素は活性酸素除去・抗酸化の決定版ともいわれているので、体の内側からアンチエイジングしたい人にも必須です。

関連:私が愛用中の水素サプリメント「水の素」について

まとめ

  1. 毎日ぬか漬けを食べる
  2. プラセンタ注射
  3. プロバイオティクスの摂取
  4. オリゴ糖の摂取
  5. 水の素

たぶん一番効果があったんじゃないかなと感じているのは「水の素」ですね。

Dr.SAITO’S SELECT

むしろ、水の素だけでもいいかも・・・と最近思っています。

関連:水素サプリを摂取しはじめて2ヶ月経過!効果効能は?

スポンサーリンク

シェアする

フォローする