プチ断食をすることで実感できた7つの効果

スポンサーリンク

私は、健康のためにも、美容のためにも、体型維持のためにも、プチ断食を日常的に取り入れています。

ほとんど毎日、夕食後〜昼食までの時間帯は、固形物はいただきません。

といっても、ストイックな性格でもないので、飲み会や、空腹を感じやすいときは、このリズムが崩れるときもあります。

それでも、毎日〜週5日くらいは、このプチ断食を実行しています。

今回は、プチ断食によって実感できた6つの効果を紹介します。

体重維持ができる

今の私は、158cm・47㎏の超普通体型。

基本的にデスクワークで、超運動不足ですが、無理なくこの数値を保っています。

普段はプチ断食をしつつ、食生活を気をつけているとはいえ、飲み会やイベント、年末年始や長期休暇では、何も考えずに飲み食いを楽しむ方です。

それでも、体重を保っているのは、プチ断食のおかげだと思います。

ちなみに、自分の中では「もうちょっと痩せたら、写真写りもよくなるし、服も綺麗に着こなせるのに」と思っていますが、この体重を保っているということは、多分ちょうどいいのでしょう。

異常な食欲とは無縁になる

-shared-img-thumb-SAWA_hotsarada_TP_V

不思議なことに、プチ断食をすることで、「異常な食欲」とは無縁になりました。

異常な食欲というのは、「常になにか口にしていないと落ち着かない」とか「無意識のうちに食べすぎてしまう」とか「さっき食べたばかりなのに、すぐお腹がすいてしまう」というものです。

以前は、私もこの異常な食欲の波みたいなものが月に1〜2回やってきてました。女性ホルモンの周期によるものかもしれませんね。そして、そういうときは、スナック菓子やお土産のお菓子をたくさん食べたり、心から欲していないにもかかわらずつい口にしたりしていました。そのあとは、当然、罪悪感におそわれます・・・・・・。

こういう食べ方をしていると、不思議なことに食欲はどんどん増すように錯覚してしまいますし、食べすぎ&罪悪感を繰り返してしまいます。当然、肌も荒れるし、腸内環境も悪くなってしまいます。

しかし、プチ断食をして、「必要な物を最小限食べる」「丁寧に食事する」ようにすることで、逆に食欲というのは落ち着いてきます。

貪り食うことをやめ、食べ物に感謝できるようにもなります。

むくみにくくなる、むくみが取れる

私がまだプチ断食を知らなかったころ、むくみをとても気にしていた時期があります。

その頃は、今より活動的で、運動量も多かったはずなのに、足だったり顔だったり、とにかくむくみやすかったことに悩んでいました。

プチ断食をはじめて、食生活が変わってから、「むくみが気になる!」ということがなくなりました。ある日突然、というよりも、気付いたらそういえば・・・・・・と言った感じです。

そのおかげで、足のだるさがなくなったのはもちろんですが、顔のむくみもすっきりし、とくに目元がくっきり、涙袋がはっきりできました。

胃腸の不調とはほぼ無縁になる

胃が痛い、胸焼けがする、吐き気がする・・・・・・こういった症状とはほぼ無縁になりました。

もともと、胃痛になりやすく、動物性たんぱく質や脂質をとると胸焼けを起こしやすかったのですが、これも気付けば気にならなくなっていました。

そういえば、昔は太田胃散を常に常備していたのに、今では家にすら置いてません(笑)

これも、プチ断食することによって、胃腸に負担がかかりにくくなったからだと思っています。

口内炎ができにくくなる

プチ断食を続けることで、当然胃腸への負担が少なくなります。16時間近くの空腹の間に、胃腸は消化吸収の作業をしっかりとこなし、ゆっくり休ませることができますからね。

このおかげで、口内炎ができるのは年に1回、多くても2〜3回以内です。

そして、口内炎ができるのは、決まって年末年始とか、夏の長期休暇で食べ歩き旅行をしたあととか、暴飲暴食をしたときです(汗)

食事の質がよくなる

プチ断食をすることで、当然1日の食事は、昼食と夕食だけになります。

そうなってくると、自然と1回の食事内容をとても大切に思うようになってくるのです。

「コンビニやファミレスで適当に済ませたくない」

「加工食品や添加物ばかりのものを食べたくない」

と思えてくるのです。

貴重な食事の時間だから、好きなもの、食べたいものを、じっくりと味わいたい、と思うのです。

それとともに、体が欲しているもの、欲していないものをちゃんと見極められるようになってきます。

たとえば、ジャンクフードやスナック菓子、スイーツなどは、1度食べるとまた食べたくなって、それを繰り返すともっともっと無性に食べたくなってきます。本当は、体はほっしていないはずなのに、自分の体のためにはならないはずなのに。

ためしに、思い切って一定期間断ってみると、今までが嘘のように、食べたくなくなるのです。

その代わり、本当に体の声に耳を傾けながら、必要としている栄養素を取り入れてられるようになってきます。

味覚が鋭くなる

プチ断食をすることで、内臓が休まり、自然と口にするものにも気を使うことができるようになってきます。

そうしたなかで、体の中から不要なものが出ていくといった、デトックス作用もあると思うのです。

不要なものが出ていき、厳選されたものだけが入ってくる。

そうしたサイクルが出来上がるので、自然と薄味になりますし、添加物ばかりのものや古いものは、臭くて食べられなくなってしまいます。

まとめ

  1. 体重維持ができる
  2. 異常な食欲とは無縁になる
  3. むくみにくくなる、むくみが取れる
  4. 胃腸の不調とはほぼ無縁になる
  5. 口内炎ができにくくなる
  6. 食事の質がよくなる
  7. 味覚が鋭くなる

以上が、プチ断食をつづけることで私が実感した効果です。

こちらの記事も読まれています。

プチ断食でサーチュイン遺伝子を活性化してアンチエイジングする

スポンサーリンク

シェアする

フォローする