ストレスを解消するための4つの基本的な方法

スポンサーリンク

-shared-img-thumb-KAZU20140601-P6010023_TP_V

健康のためにも、美容のためにも、仕事のパフォーマンスをあげるためにも、ストレスをためないことはとても大切です。

でも、仕事をしていたり、主婦・子育てをしていたりすると、知らず知らずのうちにストレスがたまっていくこともあります。

女性であれば、ホルモンバランスが乱れて、毎月のようにイライラ、落ち込み、疲労感などに悩まされることもあります。

上手にストレス解消できる人がいる一方で、どんどんストレスをためて、体調まで影響が及ぶ人も少なくありません。

ストレスを解消する方法

効果的なストレス解消法を紹介します。

どれかひとつをするだけでも、体に良い影響が与えられるでしょう。

(1)趣味を見つける

ストレス解消法として一番知られている方法は「趣味を見つける」というものでしょう。

映画鑑賞、スポーツ観戦、友人と会って喋る、カラオケ、料理など。夢中になって、楽しめることをみつけると、ストレスも解消するといいます。

日々の生活で精一杯だったり、趣味=仕事だったりすると、新しく好きなことを見つけることが難しい人も多いですよね。

(2)十分な睡眠を摂る

十分な睡眠をとることも、ストレス解消には大きな効果を発揮します。

中にはショートスリーパーの人もいて、短い睡眠時間でも大丈夫だという人もいますが、そうでない人は無理をしないほうがいいでしょう。

自分のベストな睡眠時間をみつけて、熟睡することが大切です。

質の良い睡眠は、脳も、心も、体も休めることができます。

夜にまとめて睡眠を取れない人は、昼寝の習慣をつけてもいいでしょう。

(3)適度な運動

適度に体を動かすことで、ストレス解消になります。

激しすぎる運動よりも、心地よく疲れるくらいの、適度な運動がおすすめ。

通勤を徒歩にしたり、エレベーターではなく階段を使ったり、主婦の方なら床の雑巾がけをしたり、その程度でもいいでしょう。

ほどほどに体が疲れると、夜もぐっすり眠れますし、体力がついて、ストレスが溜まりにくい体質にもなります。

(4)日に当たる

「冬季うつ病」という言葉を聞いたことがある人も少なくないでしょう。

毎年、決まった季節(主に冬。人によっては秋〜春の間)体調が優れなくなり、うつ状態になるという心の病気です。

この冬季うつ病の原因のひとつに、日照時間が影響していると考えられています。

冬は、夏よりも日照時間が短いですが、それが原因かもしれないということです。

これって冬季うつの症状かしら?

お日様にあたることで、精神を安定させるセロトニンを増やすことができます。

特に、昼間に(太陽の下で)ウォーキング(リズム運動)することで、ストレス解消になり、夜もよく眠れるようになる効果が得られます。

こんな方法もストレス解消になる

ほかにも、

  • 人と触れ合う
  • よく笑う
  • 半身浴、岩盤浴をする

このような方法は、ストレスを和らげて、心を落ち着かせてくれるでしょう。

体力的にも疲れている人は、プラセンタ注射もいいかもしれません。仕事でお酒の付き合いが多い人や、激務が続いている人は、プラセンタ注射を定期的に売っているという人もすくなくありません。

自分にあった方法をみつけて、こまめに心をリフレッシュさせていきたいですね。

こちらの記事も読まれています。

仕事疲れも遊び疲れも吹き飛ばすサプリメントはこの2つ!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする