顔のたるみ解消に効果的な化粧品って?

スポンサーリンク

顔のたるみに最も影響する原因は肌弾力の低下です。

肌弾力とは、皮膚のコラーゲンやエラスチンなどの真皮組織が、表皮や皮下組織を支えることで肌のハリを保っていることをいいます。

しかし、加齢とともにコラーゲンが減少し、肌の弾力が保てなくなり、その結果、まぶた、目の下、頬、口周り、あごなど、顔のたるみになるのです。

顔のたるみに効く化粧品ってあるの?

顔のたるみを解消するには、肌の弾力・ハリのケアが重要になってきます。

毎日のスキンケアにも「肌の弾力・ハリ」のための成分が配合されたものを選ぶといいでしょう。

  • ビタミンC誘導体
  • ナイアシン(ビタミンB3)
  • レチノール
  • 3GF(EGF、FGF、IGF)※成長因子、グロースファクターとも呼ぶ
  • リンゴ果実培養細胞エキス
  • プロテオグリカン
  • プラセンタ

これらは、肌のハリ・弾力など、エイジングケアを目的とした成分です。

中でも、私が今大注目なのが3GF。

3GF(成長因子)とは?

私たちにもともと備わっている、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸は、肌弾力を保つ役割をしています。これらは、年齢とともに、弾力を失い、シワになり、たるみになり、深刻な老化がすすんでいくのです。

コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸は、線維芽細胞という細胞により生成されているのですが、この肌細胞に直接働きかけて、活性化してくれるのが、3GFです。

3GFとは、EGF、FGF、IGFという3つをまとめた総称であり、成長因子、細胞増殖因子、グロースファクターなど、さまざまな呼ばれ方をしています。

ただうるおいを保つだけでなく、細胞を活性化してくれるので、美容外科や美容皮膚科などのクリニックの治療でも使われています。

3GF(EGF・FGF・IGF)化粧品の働きとは?

顔のたるみは予防が大切!

できてしまったたるみは、自力で治すことはとてもむずかしいです。

市販の化粧品を塗って、たるみを治すなんていうことはほとんど不可能です。

顔のたるみの原因が

  • 歯にある(歯が抜けている、かみ合わせが悪いなど)
  • 肥満である
  • むくみである
  • 筋肉もなく、姿勢も悪い
  • 強いストレスを長期間受けている

このようにはっきりしている場合、この原因を取り除けば、ウソのように改善されるケースもあります。

でも、そうではない場合、できてしまったたるみはなかなか元に戻らないので、早いうちから予防することが大事なのです!

たるみを予防するためにも、20代後半から、アンチエイジングに効果のある成分が配合されたコスメでお手入れしていくことが大事だと思います。

顔のたるみを予防するスキンケアの方法

顔のたるみを予防する=肌弾力の低下を防ぐためのスキンケアを紹介します。

エイジングケアコスメでスキンケアする

先程も紹介したとおり、アンチエイジングに効果のあるコスメでスキンケアするようにしましょう。

中でも、ぜひ取り入れたいのは、3GFとレチノール。

3GF化粧品の効果は、ドクターも認めているほどで、医師が直接開発したドクターズコスメにもよく配合されています。

紫外線対策をする

紫外線は肌の老化の一番の大敵です。これを光老化といいます。

15分以内の日差しなら、むしろ浴びたほうがいいという意見もありますが、わずか数分浴びただけで肌にダメージをあたえるという意見もあります。この辺りは、専門家たちの間でも、意見が分かれているようです。

私は、紫外線対策はしっかりと行った方がいいと思います。よほど肌が弱くて、日焼け止めクリームでひどく肌荒れするという場合はまた別かもしれませんが・・・。

  • 運転するときはUVカット眼鏡・サングラスをかける
  • 日差しが強い日は、帽子、日傘、長袖などを活用する
  • 夏のレジャーシーンなどは、SPF50の日焼け止めクリームをこまめに塗り直す

上記のことを守ればOKです。

顔のたるみを徹底的に予防したい人は、日々のスキンケアから見直す

50歳を過ぎているのに、とても若々しく、しかも手を加えているような違和感がない女性たちも、たくさんいらっしゃいます。憧れますよね。

もともとの顔の作りや、生活習慣も影響していると思いますが、20代、30代など早いうちから、アンチエイジングを意識して、日々のスキンケアに力を入れています。

多少高くても、ちゃんと効果のある実力のあるコスメを使うことが大事だと思います。

こちらの記事も読まれています

本気でシワ・たるみ対策!医師監修のエイジングケアコスメ4選

スポンサーリンク

シェアする

フォローする