ヨーグルトプチ断食で美肌&ダイエット!効果的なやり方とは?

スポンサーリンク

断食はつらそう!でも挑戦してみたい!

こんな人におすすめなのが、手軽にできるヨーグルトプチ断食。

効果的なやり方を紹介します。

準備するもの

  • ヨーグルト 500g〜750g
  • 豆乳 1000ml〜1500ml
  • たまごがゆ
  • 具なしの味噌汁 or  具なしのすまし汁
  • お茶、ミネラルウォーター、炭酸水
  • 酵素ドリンク

ヨーグルトの選び方

  • プレーンタイプ
  • プロバイオティクスヨーグルト
  • 特定保健用食品(トクホ)

以上を意識して選ぶといいでしょう。

プチ断食では「いちごの果肉入り」などはやめておきましょう(笑)

プロバイオティクスヨーグルトとは、

胃酸や胆汁酸などの影響を受けることなく腸まで届き、悪玉菌を減らして善玉菌を活発にしてくれる微生物を含んだヨーグルトのこと。

こちらでプロバイオティクスに使われる細菌を確認できます。

→ プロバイオティクス(wikipedia)

細菌によって、それぞれ特徴や効能があるので、自分にあったものを選んでみるのもいいですね。

明治ブルガリアヨーグルトLB81(ブルガリア菌)

→ 便秘改善、美肌

20160209

森永ビヒダスBB536(ビヒダスBB536)

→ 大腸がんの予防、花粉症・抗アレルギー効果

20160209

雪印メグミルクナチュレ恵(ガセリ菌SP株、ビフィズス菌SP株)

→ メタボ解消、内臓脂肪、皮下脂肪の減少

20160209

明治R-1ヨーグルト(1073R-1乳酸菌)

→ 免疫力アップ。インフルエンザ対策でよく知られていますね

20160209

明治プロビオヨーグルトLG21(LG21乳酸菌)

→ 胃がんの原因であるピロリ菌の抑制

20160209

ダノンビオ(BE80菌)

→ 便秘改善、美肌

2016-02-09 11.22.35

フジッコカスピ海ヨーグルト(クレモリス菌FC株)

→ 便秘改善、抗腫瘍作用、免疫力UP、コレステロール低下。

20150708161216

ヨーグルトの酸味が苦手な人にはカスピ海ヨーグルトがおすすめ。

ただ、酸味がなくて味気ないと感じる人もいるかもしれません。独特な粘り気があって、食べごたえもあります。

ヨーグルトプチ断食のやり方

ヨーグルトを使ったプチ断食は、丸2日かけて行います。

3日目も回復食として、なるべく胃腸に負担がかからず、消化のいいものを食べるようにします。

1日目

  • 朝:ヨーグルト100g + 豆乳200ml
  • 昼:ヨーグルト100g + 豆乳200ml
  • 夜:ヨーグルト100g + 豆乳200ml

ヨーグルトと豆乳の量はだいたいでOKです。

水分は十分に補給しましょう。水かお茶がおすすめで、ノンカロリーノンシュガーのものを飲みます。

途中で空腹感を感じたり、口さみしくて我慢できなくなったりしたら、酵素ドリンクを炭酸で割ってゆっくり飲むと、満足感を得られておすすめですよ。

酵素を摂取することで代謝が促進され、デトックス効果も期待できます。

※1日の総摂取カロリー 約700カロリー

2日目

  • 朝:ヨーグルト100g + 豆乳200ml
  • 昼:ヨーグルト100g + 豆乳200ml
  • 夜:たまごがゆ + 具なしの味噌汁 or  具なしのすまし汁

ミネラルウォーター、お茶、酵素ドリンクを適宜摂取しながらすごします。

※1日の総摂取カロリー 約700カロリー

3日目

  • 朝:たまごがゆ + 具なしの味噌汁 or  具なしのすまし汁
  • 昼、夜:普段通り。なるべく、胃腸に優しく、消化のいいものを食べる

食事は、よく噛んで食べることと、腹八分目を意識しましょう!

ヨーグルトプチ断食の効果

プチ断食をして胃腸を休ませることで、細胞が回復し、宿便排出(便秘改善)も期待できます。

プロバイオティクスヨーグルトを摂取することで、悪玉菌を減らして腸内環境を整えるので、プチ断食後は美肌になり、体調もよくなることでしょう。

たんぱく質を摂取し、酵素ドリンクで栄養補給もするので、やつれることなく、綺麗にプチ断食できます。

このヨーグルトプチ断食は、月1〜2回、週末を利用して行うだけでOKです。

体の中をリセットして、腸内環境も整えるので、ダイエット効果が現れやすく、リバウンドしにくいといわれています。

ヨーグルトプチ断食の注意点

当然ですが、乳製品アレルギーの方は、ヨーグルトプチ断食をするのはやめておきましょう!

ヨーグルトを食べることで、

  • 蕁麻疹、かゆみ
  • 腹痛、下痢、便秘、嘔吐

このような不調が出てきた場合、アレルギーである可能性があります。

今までヨーグルトを食べても平気だった、と思っている方も、

「たまになら大丈夫でも、頻繁に(毎日/毎食のように)食べると不調が出る」

ということもあるので、少しでもおかしいな、と思ったら、乳製品アレルギーである可能性を疑ってみてください。

もし、乳製品アレルギーだった場合、ヨーグルトを食べるのをやめただけで、あっさり体調がよくなります。(私の実体験です)

そんな私は8時間ダイエット実践者。こちらはアレルギーがあってもなくても気軽に取り組めるのでお気に入りの方法です。

こちらの記事も読まれています。

8時間ダイエットの体験談

スポンサーリンク

シェアする

フォローする