8時間ダイエットの体験談

スポンサーリンク

-shared-img-thumb-ELFA_45dadI_TP_V

8時間ダイエットを実際にやってみた体験談をお話します。

8時間ダイエット前日の夜の体験談

20時までに夕食をすませます。

食事の内容は、普段通り。といっても、糖質制限中なので、主食のごはんは少なめにしました。

夕食以降は、なにも食べません!それ以降は、水、お茶を飲んで済ませます。

水であれば、たくさん摂取したほうが、翌日のお通じも良くなると言われています。

コーヒー、酵素ドリンクなどは、適量であればOKだと思います。

食事が済んだあとは、すぐにお風呂に入って、早く寝てしまえば、

夜の食事制限は意外と苦痛に感じません。

8時間ダイエット翌朝

7時起床。

水か白湯を飲んで、家事(掃除洗濯)をすませて、出勤。

午前中は、コーヒーやお茶など、カロリー・糖分のない飲み物を飲みながら仕事します。

そうすると、何も食べていなくても、そこまで辛さを感じません。

8時間ダイエット開始から16時間経過

そうこうしていると、あっという間に16時間なんて経過してしまいます。

前日の20時に食事を済ませた場合、12時まで固形物を食べなければいいわけです。

上記に記したとおり、早く寝て、翌朝も午前中から仕事していれば、

あっという間に時間は過ぎ、空腹の苦痛なんてまったく感じずにすむのです。

美肌、むくみ、便秘解消など。8時間ダイエットの効果がすごい

8時間ダイエットを続けていると、肌の調子がよくなり、便秘も解消されてきます。

また、16時間の空腹時間を設けることで、無駄な食べ方をせず、胃腸を休ませる=無駄なエネルギーを使わせないことで、

胃腸の調子が徐々に整い、腸内環境も改善され、むくみにくくなり、肌も綺麗になる・・・

と、幅広い効果を実感できます。

8時間ダイエットでプチ断食することで、空腹時間をちゃんと作ることになりますから、胃腸の働きが活発になり、空腹期強収縮も起き、便秘解消&宿便排出効果も実感できました。

お腹もすっきりしてくるし、上手につづけることで、体重減少にもつながります。

さらに、私の場合、ある程度継続したところで、顔のむくみがすっきりとれたおかげか、涙袋がハッキリとでき、二重あごが解消されました。

8時間ダイエット体験談まとめ

8時間ダイエット (= 16時間空腹)は、意外と苦痛を感じないんですよね。

その割に、体が軽い感じとか、ムクミ解消、見た目の変化は早くに感じられるので、気軽に挑戦できると思います。

栄養補給や、リバウンド防止のためにも、サプリメントや酵素ドリンクなどを活用するといいかもしれません。

こちらの記事も読まれています。

暴飲暴食は8時間ダイエットでリセットしよう

スポンサーリンク

シェアする

フォローする