プチ断食でサーチュイン遺伝子を活性化してアンチエイジングする

スポンサーリンク

ダイエット、メタボ予防、便秘解消、アンチエイジングなど、プチ断食をすることによって様々な効果が期待できます。

今日は、プチ断食がなぜアンチエイジングになるのかをお話ししていきますね。

空腹はサーチュイン遺伝子を活性化する

サーチュイン遺伝子とは、長寿遺伝子、長生き遺伝子、抗老化遺伝子などとも呼ばれています。この活性化により生物の寿命が延びるとされていて、抗老化=アンチエイジングにもなるというわけです。

このサーチュイン遺伝子を活性化するために、一番簡単な方法は、空腹といわれています。

ただ空腹になればいいわけでもありません。

無計画に食事制限すれば、栄養失調を引き起こしたり、健康や美容を損ねてしまったりします。

プチ断食や週末断食をしたり、毎食の食事を腹八分にしたりするだけでOKです。

プチ断食をすることで、サーチュイン遺伝子が活性化され、アンチエイジングにもなるというわけです。

具体的なやり方3つ

サーチュイン遺伝子のスイッチをオンにするための効果的な方法を紹介します。

次の3つのいずれかを行えばOKです。

プチ断食

毎日朝食を抜く。あるいは、16時間の空腹を作る。

週末断食

週末のみ、酵素ドリンクを飲みながら、18時間の空腹時間を設ける。

腹八分の食事

毎食の食事を腹八分におさえる。間食もしないように気をつける。

大体、普通に食事したときにカロリー25%オフになる。

どうしても口さみしいときは酵素ドリンクがおすすめ。

食生活を改善して、細胞を若々しくしよう

完璧にしようとすると、途中で嫌になってしまうと思うので、自分のペースで、「今までよりいい!」と思える範囲で、プチ断食を取り入れていくといいと思います。

サーチュイン遺伝子のスイッチが入ったサインとは?

さて、このサーチュイン遺伝子のスイッチが入ったサインは、ずばり、

「ぐ〜〜っ」というお腹の音です(笑)

お腹がなるくらいの空腹を目安に、サーチュイン遺伝子が活性化していると考えていいでしょう。

また、お腹がぐ~っとなるのは、空腹期強収縮といって胃腸が活発に運動している合図なのです。

胃腸の中のものを押し出して、排泄しようとしている働きなので、便秘や宿便の解消になり、デトックス効果になります。

まとめ

プチ断食や腹八分を実行することで、程よい空腹を意識して作り、それによって、サーチュイン遺伝子=抗老化遺伝子を活性化してアンチエイジングにつながるということです。

体の内側から若々しくなって、細胞レベルでの綺麗を底上げする方法なので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

こちらの記事も読まれています。

美容にもダイエットにも嬉しい!プチ断食の効果4つ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする