ブリーチでハイダメージな私が実践する究極のヘアケア方法3つ

スポンサーリンク

-shared-img-thumb-HIR93_sofa-deneteiruneko_TP_V

現在、カラーリングとブリーチを3回ずつしているため、結構髪が傷んでいます。

グラデーションカラーなので、毛先の方だけ。長さはミディアム。猫っ毛で、どちらかというと髪が細い方なので、ただでさえ絡まりやすいです。

このような状態なので、ホームケアを気をつけるようにしています。

おかげで「ブリーチしてる割には、傷んでないよね」と言われます(笑)

今日はそんな私のヘアケア方法を紹介します。

髪を守って、ダメージが進まないようにする方法なので、特に、髪の傷みが気になる!という人にはおすすめですよ。

ハイダメージ向けヘアケア(1)髪がツヤツヤになるドライヤーとヘアアイロン

まず絶対に欠かせないのが、リュミエリーナのドライヤー アイロン

使えば使うほど「髪のうるおいを保つ」「髪をすこやかに保つ」「肌のキメを整える」「肌にはりを与える」を叶えてくれる

といわれているリュミエリーナ。

最初は半信半疑だったんですが、いざ使ってみると、本当にそうでした。

これは、髪のダメージがひどい方、くせ毛などの髪質で悩んでいる方ほど実感できると思います。

ブリーチカラーを繰り返しているときは、(旅行先などで)リュミエリーナ以外のドライヤーを使うと髪が大変なことになってしまいます。

逆に毎日リュミエリーナのドライヤーとアイロンを使っていれば、ヘアトリートメント・オイルさえ不要に感じるほどです。

もうね、本当にすごいです。神様って感じ。

リュミエリーナヘアビューロンをはじめて買ったとき、感動して、すぐにアイロンも買い揃えたほどです。

出張・旅行先にも必ず持っていきます。

これ1本あればツルツル艶髪を保てる!リュミエリーナヘアビューロンストレート

ハイダメージ向けヘアケア(2)オイルで髪を保護する

髪は、一度痛んでしまったら、もう元には戻りません。

肌だったら、新陳代謝(ターンオーバー)によって、新しい角質細胞にどんどん生まれ変わっていきますが、髪の毛は死んでしまった細胞なので、そういうわけにはいかないのです。

だからといって、放置しておけば、傷みは進む一方。枝毛、切れ毛、縮れなど、さまざまなトラブルに繋がります。

そこで私は、毛先を中心に、オイルを馴染ませています。

私はずっとモロッカンオイルを愛用しています。

毛先の乾燥にはこれ1本!モロッカンオイルでヘアケアしてます

朝出かける前と、寝る前に使っています。

オイルが髪に膜をはって守ってくれるので、絡まりにくくなり、枝毛や切れ毛なども起きにくくなるので詳報しています。

ハイダメージ向けヘアケア(3)髪を結んで寝る

これは昔美容師さんに教えてもらった技。

結べるくらい長さがあるときは、寝るときに髪を結んで寝ます。

ボブくらいの長さなら、小学生の頃よくしていた「二つ結び(ツインテール)」。

ある程度長さがあるときは、ゆる~く三つ編み。

これで、寝ている間の髪の摩擦を最小限に留め、切れ毛や枝毛を防ぎます。

ナイトキャップをかぶるという方法もあります。

渡辺直美も実践のヘアケア!入荷1ヶ月待ちのナイトキャップがすごい!

まとめ

カラーリングやブリーチ、パーマの繰り返し。

毎日のように行う、ヘアアイロンやヘアセット。

一度傷んでしまった髪は、元には戻りません。

大事なのは、毎日のヘアケアで、髪を守って、これ以上ダメージが進まないようにすることです。

たったこれだけ、と思うかもしれませんが、続けることでうれしい実感を得られますよ。

こちらの記事も読まれています。

魔法のドライヤー!リュミエリーナヘアビューザープロフェッショナル[HBE2D-P]購入しました

スポンサーリンク

シェアする

フォローする