ミランダ・カーの哲学に学ぶ!8対2の食生活のルールとは?

スポンサーリンク

スーパーフードを愛し、美容にはかなりストイックなイメージのミランダ・カー。あの美しい体型を保つためには、決してマネできないような食生活を送っているんだろうな〜と思っていました。

しかし、そんな彼女がとっても素敵!な発言をしていました。

私の哲学は8対2という比率を守ることよ。つまり、8割は健康的な食事に徹し、残る2割は好きなモノを食べちゃうってワケ。

これなら、私でも取り入れることができそうです(笑)

ミランダ・カーの8対2の法則

ミランダ・カーは、過去に「好物はフライドチキン」と告白するなど、意外とジャンクフード好きらしいですね。

ストレスをためないためにも、健康的な食事8割と、ジャンクフードなど好きな食べ物2割、というように、メリハリをつけています。

ショーが終わったあとも、自分へのご褒美でフライドポテトを食べるみたいです。

暴飲暴食をリセットする方法

年末年始など、暴飲暴食する機会が増えてきます。飲み会や外食がつづくと、なかなか1日のうちで、8対2の食事のバランスは取りにくくなりますよね。

そんなときは、3日〜1週間の間で、栄養バランスをとり、8対2の法則に従うといいでしょう。

たとえば、週に2回飲み会があったとしても、残りの5日で健康食を意識したり、食事の量を減らしたりすることで、胃腸への負担もかかりにくくなり、体重増加も防止できます。

朝食抜きでリセット

食べすぎたり、飲みすぎたりした次の日は、朝食を抜いて、午前中は水分補給につとめると、むくみもとれ、胃腸も回復します。

もともと私は、午前中はなにも食べないか、食べてもフルーツだけにするようにしていますが、このおかげで太りにくくなり、顔のむくみも出なくなりました。

食べすぎたときは、食事を抜いて、胃腸を休ませるがオススメですよ。

野菜スープで栄養バランスをとる

週に1度は、大きい鍋に野菜スープ(デトックススープ)を作って、食べることで、1週間の野菜不足を補います。

体の冷えが解消され、たっぷりの食物繊維でデトックスもしてくれるので、体が軽くなります。

体がスッキリ軽くなる!週末はデトックススープを作ろう

私は、年末年始じゃなくても、1週間に1回はデトックススープを作って食べています。

2015-11-29 14.43.26

ちなみに、昨日作ったデトックススープ。

  • 大根
  • 人参
  • ピーマン
  • 白菜
  • キャベツ
  • たまねぎ
  • セロリ
  • トマト缶
  • ニンニク
  • しょうが

適当に「家にある野菜」「今安い(=旬)野菜」「好きな野菜」など、できるだけ多くの種類をたくさん入れて作っています。

美味しく作るコツは、昆布と鰹節でしっかりと出汁から作ること。

これだけで全然違います。

ちなみに、私は、しっかりデトックスできるように、ヒマラヤ岩塩のみの味付けで食べてます。

残りの2割はおもいっきり楽しむ!

8割健康食やプチ断食でバランスを取れたら、残りの2割はおもいっきり好きなものを食べましょう。

健康食も意識することで、罪悪感や後悔もなく、心から楽しんで食べられます。

こちらの記事も読まれています。

暴飲暴食はプチ断食(8時間ダイエット)でリセットしよう

スポンサーリンク

シェアする

フォローする