布ナプキン初心者!そろえた枚数と種類

布ナプキン生活をはじめて、まだ2〜3周期分しか過ごしていませんが、現在の布ナプキンの枚数と種類、使ってみた感想を紹介します。

布ナプキンをそろえた枚数

現在、私がそろえている布ナプキンの種類と枚数です。

一体型ミニサイズ2枚

小さくて、薄い、布ナプキン。

「もうそろそろくるかも?」というときと、終わりかけの時期に重宝します。

薄手で、ゴワゴワしないので、つけているのを忘れるほどです。もうちょっとほしいかも。

一体型普通サイズ5枚

日中使うためのサイズで、まだ揃えている途中です。

天気の悪い日や湿度が高い日がつづくと、これだけでは全然足りませんね〜。通常、布ナプキンは10枚くらいそろえた方がいいと言われているので、あと5枚はほしいですね。

一体型大きいサイズ2枚

1〜2日目の就寝時と長時間でかけるとき用です。これは今回からの導入!

今までは、ミニサイズと普通サイズの布ナプキン+普通のナプキン(紙ナプキン、ケミカルナプキンっていうのかな?)でまわしていました。

ホルダー型と一体型の違い

ホルダー型と一体型の違いを、超ざっくり説明してみます。

ホルダー型

固定するパッドと、吸収する布を組み立てて使います。

吸収する布のたたみ方を工夫したり、自由にアレンジさせたりすることで、ズレや漏れに対応できるみたいです。

月経を吸収する「吸収体」と、吸収体を固定する「パッド(ホルダー)」が別になっているのが特徴。

洗濯したあと乾きが早いことや、持ち運ぶときにかさばりにくい(吸収体だけ持ち運べばいいから)というメリットがあります。

私は使ったことありません。

一体型

「組み立てるホルダー型」に対して、「これ1つだけつけてればいい一体型」。

ケミカルナプキンと同じ感覚で使えます。

私が使っている布ナプキンは全部一体型です。

初心者でも簡単に使えるので、まずはこちらからためしてみるのがベター。

布ナプキン使ったことないし、ちょっと購入をためらってる!って方には、布ナプキンのデビューセットからはじめるのもありかも。

通常の半額で購入できるのでとにかくお得です。私もこれからはじめました。

ズレや漏れについて

ズレや漏れについてですが、今のところ気になったことはありません。

その前に、そもそも私は生理が重くないほうだと思うんです。いたって普通。だから、量が多目の方からしたら、あまり参考にならないかもしれません。

しかし、次回からは、ズレや漏れが気になる就寝時にも布ナプキンを導入するので、成功するか、失敗するか、ちょっとドキドキです。

これで成功したら、オール布ナプキン生活に切り替えられそうです。

まとめ

肌への不快感はないし、ゴミも出ない。布ナプキンの柄もかわいい(笑)

「洗う手間」「同居人の目が気になる」というデメリットもありますが、あのケミカルナプキンの刺激から解放されただけで、大満足です。ムレやかゆみは一切なくなりました。

ちなみに、私が使用しているのはすべて「サニーデイズ」の布ナプキン。

一体型布ナプキンの種類が豊富なことと、かわいい柄がたくさんそろっているところが気に入っています。

公式サイト→紙ナプキンでかぶれるあなたにオススメします!布ナプキン『Sunny Days』

こちらの記事も読まれています。

はじめて布ナプキン(サニーデイズ)を使ってみた口コミ・使用感

シェアする

フォローする