ミルクピールを実際に受けたので体験談・効果

スポンサーリンク

美容皮膚科体験談です!

いつも通っている美容皮膚科で「ミルクピール」と「コラーゲンピール(マッサージピール)」というメニューが新しく追加されたので、私も3月から受けています。

今回はミルクピールを受けてみた体験談や効果についてお話したいと思います。

ミルクピールはとても手軽に受けられる美肌治療ですが、ホームケアやエステでは得られない、クリニックならではのしっかりとした効果を得られました。

とにかく、施術直後から肌がピッカピカになります。超艶感!!

ミルクピールとは?

ミルクピールは、フランスDERMACEUTIC社製のケミカルピーリングキットを使用した新しいケミカルピーリング治療です。

グリコール酸、乳酸、サリチル酸の3つの酸を配合することで、施術時間が短く、ダウンタイムも少ない、という特徴があります。

そして、なんといっても施術直後から肌のつるつる・つやつや感を実感できるのが魅力!

施術頻度・回数としては、2週間おきの4~5回が1クールとして推奨されているようです。

・グリコール酸

皮膚のヒアルロン酸生成を促進。角質層の保湿効果を向上。

細胞の入れ替えを促進し、コラーゲンとエラスチン生成を刺激することで、皮膚組織の弾力性を保つ繊維に働きかける。

・乳酸

抗菌・脱色・保湿効果。

セラミドの生成を向上。

チロシナーゼという酵素を抑制することで皮膚の脱色を促す。

α-ヒドロキシ酸として角質層における細胞の結合力を向上させるため、肌の凹凸を減少。

・サリチル酸

角質溶解効果により、不要な皮膚組織を取り除く。

ミルクピールの効果・こんな人におすすめ

  • しみ・くすみが気になる
  • 透明感をアップさせたい
  • 小じわやハリの低下が気になる
  • ニキビ・毛穴・脂性肌
  • 乾燥やザラつきが気になる
  • キメを整えたい
  • お化粧ノリを良くしたい

などなど、あらゆるお悩みに対応。

あとは、

  • ダウンタイムが困る・コワイ

という方にも。

痛みについては、ピーリング特有のヒリヒリ感というか、熱を持つ感じが、結構しっかりあります。「痛い」というほどではありませんが、「無痛」というわけではないので、痛みに弱い方はその辺りはちょっと覚悟したほうがいいかも?麻酔クリーム塗ってもらって受ける水光注射の方が無痛です。

そして、施術時間が短く・ダウンタイムが少なく・施術直後から肌の艶を実感できるということから、

イベント前のケアにもおすすめ!!

ミルクピールの施術の流れ

(1)クレンジング・洗顔

→保湿剤・日焼け止めクリーム・メイク・皮脂などをしっかり落とすために洗顔・クレンジング。

そのあと施術台へ。

(2)皮膚を部分的に保護

肌の弱い部分にワセリンを塗られている感じ。

(3)ミルクピール塗布

ここで結構ヒリヒリします!肌が熱を持ったような、ケミカルピーリング独特のやつです。

塗布後、比較的短時間で拭き取ってもらいました。

(4)洗顔

DERMACEUTIC社製の専用洗顔料で洗顔します。

この洗顔の時点で、頬が結構赤くなってるのを確認しました。

(5)保湿・日焼け止めクリーム

洗顔後、イオン導入をしてもらいました。

ここで施術終了。

そのあとは、いつも通り、保湿・UVクリームを塗ります。

この時点で、肌の艶感・発光感がものすごいです(笑)

濡れたような、というより、もう、顔が光ってます!って感じ。

私の場合、いつも通っているクリニックで受けたので、受付から会計まで、30分かかったかな?くらいの時間ですみました。

初診の方でしたら、問診票の記入やカウンセリングなどでもうちょっと時間がかかるかもしれません。

ミルクピールを実際に受けてみた口コミ・体験談

私の場合、施術中・直後に部分的に赤みがでました。

ピーリング直後の真っ赤な赤みは、数時間以内に少しずつ引いていきました。

若干赤みは残りますが、「どうしたのそれ!?」と突っ込まれるほどではありません。

施術後は、3日〜5日くらい軽い赤みと皮剥けが続く感じです。

こんな感じ。

ミルクピール施術後3日以内に撮影。

ノーメイク、完全無修正(笑)

茶色くなってるところは、1週間以内にどんどん皮膚が剥けて、入れ替わっていきます。

角栓とかニキビとかも出てきちゃう感じでしたが、1週間後には治まりました。

私は、ミルクピールを1回受けた後、マッサージピール(コラーゲンピール)に切り替え、マッサージピールでも同じような反応(赤み・皮剥け)が出ましたが、

回数を重ねるごとに、赤みや皮剥けの出方が穏やかになっていきました。

ミルクピール1週間後の写真(一番肝心なやつ)を撮り忘れましたが、もう、発光!!って感じ。

※施術後の美肌加減がわかる写真は、マッサージピールの記事に掲載します。

スキンケア直後のよう、とか、お風呂上がりのよう、とか、エステ帰りのよう、とか、そんなレベルでは生ぬるいくらい、ペッカペカになりました(笑)

1週間もすれば、赤みも皮剥けも治まってきて、毛穴も引き締まるし、キメも整うし、化粧もノリノリだし、お肌ツルツルだし。

自分史上最強に絶好調です。

ミルクピールを受ける前、フォトRFや水光注射をゆる~く(月1くらい)受けていたので、そのおかげもあったとは思うのですが。

これはもうリピート決定。1クールしっかり通いたい!と思えます。

施術後に出る、赤みや皮剥けかさぶたは、通常問題なく治っていくそうです。なので、私のように、施術直後に赤みや皮剥けが結構出ちゃっても慌てなくて大丈夫。

でも、大切なイベント前に受けるなら、余裕を持って予約して、先生に相談されることをおすすめします。デート前、くらいなら1週間前くらいでいいかも?(笑)

ちなみに、推奨施術間隔・回数として「2週間おきの4~5回が1クール、その後は医師と相談しながら月1〜2」とされていますが、私の場合「3週間に1回で◎」と判断されました。人によってベストな間隔、というのも違ってくると思うので、先生によく相談されてください。

その後はマッサージピールにチェンジ

このままミルクピールを1クール(4〜5回)受ける予定だったのですが。

ミルクピールとセットで登場したマッサージピール(コラーゲンピール)の方が気になってしまい、

2回目からはマッサージピールに切り替えました。

私が通っている美容皮膚科では、ミルクピールとマッサージピール(コラーゲンピール)が同時に登場し、なんとなくノリが似ているので2つの違いがよくわからなかったのですが、

先生に質問してみたところ「マッサージピールはマッサージしながら行い、より皮膚の深部まで浸透させる」とのことでした。

ということで、次回はマッサージピールの体験談です。

マッサージピール(コラーゲンピール)を4回受けた体験談と効果

スポンサーリンク

シェアする

フォローする