ハワイアンロミロミの体験談と効果

PPW_akaihaibisukasunohana_TP_V

先日、初めてハワイアンロミロミというものを受けてきました。

ロミロミという言葉自体最近知ったばかりで、

「一体どんな施術なんだろう?」

と、イメージがなかなか掴みにくかったので、体験談を残しておきたいと思います。

ハワイアンロミロミとは?

ロミというのは、ハワイ語で「揉む」「マッサージ」「手のひらから愛情が伝わる」という意味。

血液やリンパの流れを正常にすることで、体を健康に導くという考え方があるのだとか。

古代ハワイでは、怪我や病気を治す医療行為・精神的な癒やしとして行われていた時代もあり、伝統的なヒーリング療法として受け継がれてきたのだそうです。

オイルを使って、全身(背中・腕〜手の指先・脚〜足の指先・お腹・首・デコルテ・頭・顔・耳)をマッサージします。

頭皮、顔、耳については、最後に軽くツボを押してもらう程度でした。

このマッサージ方法がちょっと独特で、手のひら全体・腕・肘・指先などを使って、ゆっくりと摩擦したり、圧迫したり、流したりするような感じです。

海に寄せては引いていく波のようなリズムで、強弱をつけながらゆったりと行われます。

途中、腕や脚をストレッチしたり、揺らしたりするような動作もあります。

ロミロミの効果について

  • 疲れ
  • 冷え
  • むくみ
  • 首や肩のコリ
  • 血行促進
  • 新陳代謝アップ
  • 美肌
  • 内臓の機能の正常化
  • 自然治癒力を高める
  • 脂肪燃焼
  • デトックス
  • 癒やし、ヒーリング
  • リフレッシュ、気分転換

などがあるとされています。

大体月1〜2回くらいの頻度で施術を受けるのが理想的なんだとか。

ハワイアンロミロミの施術の流れ・体験談

施術の流れはサロンによって異なると思いますが、私が受けたものを書いておきます。

ロミロミ前

まず、サロンについたら、自分の洋服を着たまま、熱めのお湯でフットバス(足浴)ですね。

10分くらいでしょうか。汗かき・暑がりな私は、汗ばむほどでした。

この間、スタッフの方とお話しながら、

アレルギーの有無や、怪我や痛みなどでマッサージしてほしくない部位などについて質問されました。

室温は、暑くもなく、寒くもない、ちょっとあたたかいかな?という加減で、「冷え」に対して徹底的に配慮している印象でした。

着替え

私が一番気になっていたのが、ここ(笑)

「バスローブみたいなものに着替えるの?」

「それとも全部脱ぐの?大丈夫?」

と、不安でしたが、

あっさりと、

「紙パンツ1枚に着替えてください」と言い渡されました。

「紙パンツ1枚に着替えたら、施術台にうつ伏せで寝て、布(薄めの綿100%ぽい布)をかけてください。準備ができましたら、声をかけてください」と。

布をかけているので、「丸見え」ではありません。

照明も暗めですし、あまり恥ずかしいという感じではありませんでした。

もちろん、着替え中はスタッフの方は部屋の外で待機です。

ロミロミ開始

準備が終わったら、「終わりました〜」と声をかけます。

南国チックなBMGとともに、ロミロミスタート。

最初に、湯たんぽのようなものをお尻にのせてくれます。

これで全身温まります。

まず、首の裏?と尾てい骨?あたりに手を当てて「気をためる」ような間がありました。

あとでわかったのですが、ロミロミは祈りではじまり、祈りで終わるのだそうですね。

マッサージの順番は・・・ちょっとうろ覚えなので、ざっくりですが、

まず、うつ伏せで、

背中、両腕(二の腕、腕、手のひら、指先)

太もも、ふくらはぎ、足の裏、足の指

次に仰向けで、

背中、両腕(二の腕、腕、手のひら、指先)

太もも、ふくらはぎ、足の裏、足の指

お腹、デコルテ、首、

頭皮、顔、耳

頭皮、顔、耳は、軽くツボ押しされる程度で、髪型やメイクが大きく崩れるほどではないと思います。体はオイルまみれになりますが、頭・顔にはオイルは使用されません。

※ヘッドマッサージやフェイシャルは、別途料金でしてくれるサロンも多いようです。

途中で「お腹もマッサージしていいですか?」と聞かれるので、お腹もマッサージしてもらいます。

「お腹触られたくないわ!」という方は、「お腹は結構です」といえば、スルーしてくれると思います。

腕と脚は、軽いストレッチのような動作や、「揺らす」「回す」ような動きを加えてもらいます。(ここで、意外と股関節がかたくなっていたことが判明・・・)

ロミロミ後

祈りとともに施術終了。

まぁ、祈りというのは、家に帰ってから知ったことで、

そのときは、「顔に手をかざされているな・・・」という雰囲気を察知した程度。

「蒸しタオルを置いておきますので、体を拭いて着替えてください」

といわれて、スタッフのお姉さん退室。

体中オイルが付いているのですが、ヌルヌルでもなく、ベタベタでもなく、ちょっとテカテカ、という程度。

蒸しタオルで全身拭き取ると、程よくしっとりしていい感じでした。

着替えたら「着替えました」と声をかけます。

ルイボスティーをいただきながら、世間話して、お会計して終了。

ロミロミの感想まとめ

ロミロミの感想を箇条書きでまとめました。

*腰回りと胸以外は、くまなく触られたという感じ。

*オイルのすべりはかため。「ヌルヌルすべる」というより、しっかりと摩擦を感じる質感でした。

*摩擦と圧迫でひたすら流してもらう感じ。

*「くすぐったかったらどうしよう」を心配していたけど、全然大丈夫だった。

*「ゴリゴリ系」ではない。凝りをゴリゴリしてほしい人にはちょっと物足りないかも?

*薄い布を駆使して「恥ずかしい部分」をきちんと隠してくれるので、紙パンツ1枚でも恥ずかしくなかった。

ラベンダーのアロマオイルを使ってもらったけど、香りはほとんど感じなかった。

後日談

その日の夜は超熟睡。21時に眠くなって、8時くらいまでノンストップでぐっすり。

*もみ返しゼロ。

*翌朝の肌触りがすごくいい。とくに二の腕。モチモチのスベスベ。ちなみに、マッサージではセサミオイルを使用してくれたみたいです。

注意点

*髪の毛が乱れるので、ヘアブラシやヘアゴムを持参したほうが良さそう。

*メイクしていっても大丈夫そうだけど、私の場合結構汗をかいたので、多少崩れるかも。できれば、すっぴんが望ましい感じ。

*ロミロミ後予定を入れる方など、パウダールームの有無、メイク落としについては、確認しておいた方がよさそうです。

*当日はアルコール、カフェインは控えめに。

*ロミロミ後は、老廃物が出やすくなっているので、水分をたくさん摂取するようにいわれる。

まとめ

その日の夜、すごく熟睡できたことからもわかる通り、全身の血の巡りがよくなったという感じがしますし、リフレッシュ感はかなりありました。

むくみには、かなり効くんじゃないでしょうか。

「ゴリゴリ」を期待していた私は、もの足りない気がしないでもなかったですが、

ここ数日感じていた疲労感や、軽い筋肉痛もスッキリなくなったし、もみ返しもないので、

ロミロミの魅力にハマりそう。

1回につき、90分/9000円くらいでしたが、「月に1回くらいなら通いたい!」と思いました。

シェアする

フォローする