なにをしても治らない口唇炎の原因とは?

スポンサーリンク

長い期間すっと唇が荒れたままで、なにをしても治らないという人はいませんか?

まさに私がそうでした。

いろいろ調べて、実践して、皮膚科にもいって・・・。

一時的によくなることはあっても、しばらくするとすぐに荒れてしまう場合、角度を変えてアプローチする必要があります。

口唇炎の種類

ひとくちに口唇炎といっても

  • アトピー性口唇炎
  • 接触性口唇炎
  • 剥離性口唇炎
  • 肉芽腫性口唇炎

など、さまざまな種類があります。

自然に治るものあれば、皮膚科を受診することで治るものもあります。

強い腫れやかゆみ、水疱などが現れている場合は、皮膚科に行ってみるといいかもしれません。

基本的な対処法

基本的な対処法は以下のとおりです。

「唇の荒れが治らない!」と思ったら、まず下記のことを気をつけてみましょう。

純度の高い白色ワセリンで保湿・保護

口紅、リップクリーム、薬用の薬など、一旦すべて使用を中止して、白色ワセリンのみを使うようにします。純度の高いものを使うのがポイント。

純度の低い黄色ワセリン(黄色く見えるもの)ではNGです。

サンホワイトは、精製度が高いワセリンで、肌荒れを起こしやすい方でも安心して使えます。

舐めない

「舐めない」と意識しながら過ごすようにします。

ストレスがたまると、唇を舐めてしまう人もいるようです。ストレスがたまっていないか振り返ってみましょう。

唇を清潔に保つ

食べ物や飲み物、歯磨き粉が口についたままで、そのせいで唇が荒れていることがあります。

大豆アレルギー傾向の人が、唇に醤油がついたままで、ひどくかぶれてしまった、という話も聞いたこともあります。

食後、歯磨き後、就寝前は唇を水で洗うようにしましょう。

栄養バランスに気をつける

食生活の乱れ、栄養の偏りで唇が荒れている場合があります。

特に、ビタミン、たんぱく質、亜鉛の摂取に努めるようにしましょう。

私も口唇炎で皮膚科を受診したとき、ビタミンB2とB6の薬を処方してもらいました。

こちらの記事も読まれています。

唇の荒れがひどすぎたので皮膚科を受診してきました

たんぱく質や亜鉛は、肌・髪・爪を強くします。

抜け毛が多い、髪が細い、ぱさつく、爪が割れやすいなどの症状もある方は、たんぱく質と亜鉛を摂取するように気をつけてみてください。

それでも治らないときは、胃腸が荒れているのかもしれない

それでも治らない。一時的によくなったけど、また唇が荒れはじめた場合。

そんなときは、胃腸が荒れているのかもしれません!

唇と消化器官はつながっています。

消化器官が荒れていれば、唇も荒れるのは、よく考えてみれば当然のことです。

こんな人は要注意

  • 下痢や便秘になりやすい
  • 刺激性下剤やセンナ茶を常用している
  • 暴飲暴食傾向である
  • 外食、加工食品をよく食べる
  • 甘いものをよく食べる
  • 脂っこいものをよく食べる
  • 喫煙する
  • アルコールをよく飲む

胃もたれや胸焼けなどの自覚症状がなくても、上記にあてはまれば、胃腸が荒れている可能性大です。

とくに、喫煙とアルコールはすぐに節制した方がいいです。できれば禁酒禁煙することで、みるみる回復します。

 唇も胃腸もキレイにする

「自分は胃腸が荒れているかもしれない」という人で唇も荒れているなら、今すぐ胃腸をいたわりましょう。

まず、下記のことに気をつけてみてください。

  • 腹八分目
  • よく噛む(20〜30回以上)
  • 夜遅くに食べない
  • 禁酒禁煙する(無理なら量を減らす!)
  • 空腹時間を作る(できれば毎日12時間くらい)

便秘や下痢の方、胃の不調が起きやすい方は、水素サプリメントを。

水素は、強力な活性酸素除去作用・抗酸化作用があるといわれており、

胃腸や肌トラブルはもちろん、体全体にいい影響があります。

私が飲んでいる「「水の素」 水素サプリ」は、胃腸で水素が発生するように設計されたサプリメントなので、胃腸の調子が整う実感が得られやすいです。

こちらの記事も読まれています。

水素サプリメントがすごすぎたので家族で飲みはじめた話【水の素口コミ】

※追記

ついに唇の荒れが治った私ですが、上記に紹介した基本的なことに加え、

水素バームを使ったところ、てきめん!でした。

こちらの記事も読まれています。

ついに見つけた!なかなか治らない唇の荒れに一番効いたのは【水素バーム】

スポンサーリンク

シェアする

フォローする