亜鉛は唇の荒れにもおすすめなサプリメント

スポンサーリンク

2015-06-12 21.18.02

前回の記事のつづきです。

唇の荒れがひどすぎたので皮膚科を受診してきました

皮膚科で処方してもらったビタミン剤2種類、2週間分を飲みきり、塗り薬は朝晩塗りました。

おかげで、あかぎれのような状態は緩和。

毎朝皮剥けは起こるものの、かゆみやヒリヒリ感はなくなりました。

しかし、口紅を塗れるほど口唇炎の状態はよくなっていません。

病的な症状は出ていないものの、唇を触った感じはザラザラしています。

抜け毛や爪のもろさ

そのころ、口唇炎の他にも抜け毛が気になっていました。

抜けた毛を観察してみると、長さが短く、先端が細くなっています。

ネットで調べたところ、正常な抜け毛ではないことがわかりました。

同時期、爪が割れやすいことも気になっていました。

東洋医学では「血が不足すると、髪や爪に栄養を運べなくなり、トラブルが起きる」といわれているという話をふと思い出しました。

「髪や爪は血液の状態を表している」とも聞いたことがあります。

自分は貧血か、特定の栄養が著しく不足しているのかもしれない、とふと思いました。

育毛といえば亜鉛

貧血については、まったく自覚したことがなかったので、抜け毛予防に効果的な必要な栄養素を調べてみました。

すると、抜け毛・育毛・ハゲ対策では、亜鉛が有効であることがわかりました。

早速、亜鉛のサプリメントを飲みはじめることにしました。

亜鉛は唇の荒れと抜け毛におすすめ!

しばらく亜鉛のサプリメントを飲みつづけてみると、唇の荒れが少しづつ落ち着いてきたような気がしました。

抜け毛についても「短くて、先端が細い」といった不自然な抜け毛が明らかに減少・・・これは偶然なのかしら?(笑)

でも、この流れにはちょっとビックリ。

同時に、私には亜鉛がとても不足していたということを感じました。

亜鉛の効果と不足する人の特徴

なぜ私には亜鉛が不足していたのでしょうか。

亜鉛の効果をみてみることで、謎が解けました。

亜鉛の効果

亜鉛は、体の中でさまざまな働きをするミネラルなので、その効果も多岐にわたります。

  • 細胞分裂
  • 新陳代謝
  • 胎児の成長
  • 免疫力を高める
  • アルコールの分解
  • 精神の安定

・・・などなど、健康的で活発な生活を送る上では、必要不可欠であることがわかります。

また、亜鉛が著しく不足すると、味覚障害になるといいます。

アルコールの摂りすぎは亜鉛不足につながる!?

亜鉛の効果を調べていて気が付いたのですが、実は私はアルコールが大好きなのです!

アルコール脱水酵素がアルコールを分解するときに亜鉛が必要になるので、頻繁・大量にアルコールを摂取する人は亜鉛が不足する原因につながるといえます。

私にぴったりあてはまっているじゃありませんか!

女性とアルコール好きはぜひ亜鉛を

アルコールが好き(かつ、アルコールに弱め)、その上、髪・皮膚・爪がボロボロという場合は、

もしかしたら亜鉛不足が原因かもしれません。

髪・皮膚・爪といえば、女性らしさを表現できる部分でもあります。

私のように、ずっとボロボロで、なにをつけても良くならないという場合は、亜鉛(または、特定の栄養素)が欠乏しているのかもしれません。

こちらの記事も読まれています。

ついに見つけた!なかなか治らない唇の荒れに一番効いたのは水素バーム

スポンサーリンク

シェアする

フォローする