医療機関専売品のプラセンタサプリ「JBPプラセンタEQカプセル」の口コミ

スポンサーリンク

実際に「JBPプラセンタEQカプセル」を5箱以上継続して飲んでいる私の口コミです。

こちらのプラセンタサプリメントは、家に常備しておかないと不安といっていいサプリメントのひとつ。

プラセンタ注射「ラエンネック」を作っている日本生物製剤社製の馬プラセンタサプリメントです。

先日「美肌のためにサプリメントって?」と聞かれたので、「色々あるけど、プラセンタとかいいよ」と答えたら、え~微妙〜、という反応が返ってきました。なんでも、彼女は以前プラセンタサプリメントを飲んでいたけど、なんの実感もなかったんだとか。

でも、このように感じている方が多いのも事実で、プラセンタサプリメントは「どれを買うか?」というのが非常に重要になってきます。

ダメなものはダメだけど、いいものは本当にいい。

JBPプラセンタは医療機関専売品ということもあって「本当にいい」です。

私は、プラセンタ注射にも通っていますし、他のサプリメントも摂取していますが、それでもこのJBPプラセンタはなくてはならない存在なのです。

ということで、今日はJBPプラセンタEQカプセルを実際に飲んで実感したことや、効果的な飲み方・飲む時間について口コミしてみたいと思います。

プラセンタの効果

ここでプラセンタの効果をおさらい。

  • シミ、そばかす、たるみ、肌荒れ、保湿、美肌
  • アトピー、花粉症
  • 月経前症候群、生理前のニキビ、生理不順、生理痛
  • 疲労、不眠、体質改善、精神の安定
  • 免疫力アップ、細胞の活性化、血行促進
  • 肝臓の働きを強化する、解毒作用、二日酔い予防
  • 活性酸素を除去し、酸化を防ぐ=アンチエイジング

まだまだありますが、プラセンタの働きは非常に幅広いものです。

ランキング上位などで人気のプラセンタサプリメントの中にも「プラセンタの量が乏しいもの」があります。十分なプラセンタエキス量が含まれていないものには、効果も期待できません。

注射を受けたり、医療機関専売品のサプリメントを飲んだりしてみると、上記のような効果を実感できます。

プラセンタサプリメントの飲み方と飲む時間について

私はプラセンタ注射にも通っているので、毎日飲むというよりも「ここぞというとき」に飲むようにしています。

  • スケジュールが詰まっている時期や旅行中など、疲れやすいとき
  • 飲み会がつづくとき
  • 風邪を引きそうな予感がするとき
  • 「明日は肌荒れしたら困る」というとき
  • 疲れを感じたり、睡眠時間が足りてないとき
  • なんとなく不調を感じるとき

このようなときに、JBPプラセンタを3〜4錠飲みます。

いつもストックしておかないと不安なのでまとめ買いするほどです(笑)

プラセンタサプリメントの効果的な飲み方としては、数回に分けて飲むよりも一度にまとめて摂取したほうがいいです。

すると、疲れにくく、万全な状態で過ごせるのです。

飲む時間としては、朝一番か、夜寝る前に飲みます。というのも、飲むタイミングについて調べてみると、このいずれかで飲むことが推奨されていることが多かったからです。

プラセンタ注射に通っていない方で、サプリメントで摂取したい方は、

  • 1日分の量を1回でまとめて摂取する
  • 飲む時間は、朝一番か夜寝る前に飲む

このようなプラセンタサプリメントの飲み方がおすすめです。

書籍「プラセンタホンキで若返り日記」を読むと、錠剤や液剤だけの方も効果を実感できているようなので、注射に通うのはちょっと・・・という方もぜひ。このような場合は、毎日飲むことをおすすめします。

活性酸素除去作用があるのでアンチエイジングにもいいですし、疲れを溜め込まないサイクルを作ることで、体の内側から美しさを保つことができます。

医療機関専売品ですが、私はいつもこちらから購入しています→JBPプラセンタEQカプセル