歯ぎしり対策にナイトガードを愛用中!ソフトタイプとハードタイプを比較

スポンサーリンク

歯ぎしり対策にナイトガード(マウスピース)を使用しています。

ソフトタイプ(柔らかい)とハードタイプ(固い)の2種類あり、両方使ったことがあるので、レポートを残しておきますね。  

2015-05-27 15.01.43-2

左がソフト、右がハードです。  

ソフトタイプのナイトガードの使用感について

柔らかくて着用のストレスがない

まさに、歯を包み込んでくれるような着用感です。

気になる人は、このソフトタイプでも気持ち悪く感じるようですが、私は大丈夫でした。

正確な素材は不明ですが、ゴム、シリコン、ビニールを連想させるような、柔らかい素材です。くにゃくにゃと曲がります。

すぐ破れることがある

1〜2ヶ月ほどで部分的(左の犬歯のあたり)に穴が開きました。

そのまま使っていたら、裂けてしまいました。

それだけ毎晩歯に負担をかけていたってことですよね。

これを経験してから、ナイトガードをつけないで寝ることが怖くなりました。

汚れが落ちにくい、黄ばんでいく

「ナイトガードのお手入れは、流水で洗い流す程度で大丈夫ですよ〜」と説明されました。

「気になるようでしたら、歯ブラシで軽く洗ってください」とのこと。

歯磨き粉の使用や、熱湯消毒はNGです。

説明されていたとおりに、流水+歯ブラシで毎朝洗っていたのですが、だんだんと黄色くくすんでいってしまいました。

ちゃんと歯磨きした後に着用していたのに、そんなに私の口の中は汚れているのかと、
ちょっとショックでした。

入れ歯用洗浄剤などで洗ってみましたが、ダメでした。  

ハードタイプのナイトガードの使用感について

2015-05-27 15.39.03

キツめの着用感

ソフトタイプと違い、カッチリとした着用感です。

私の場合、特に前歯への圧迫感が感じられました。

痛いほどではありませんが、はじめはちょっと気になりました。

その他、奥歯や歯茎への違和感は全くないので、1週間も使えば慣れてしまいます。

こちらも、正確な素材は不明ですが、実際手にとってみた感じとしては、プラスチックとガラスを足して2で割ったような感じです(笑)カチカチとして、固く、もちろん曲がりません。

綺麗な状態を保てる

流水+歯ブラシだけのお手入れで、綺麗に保てます。

ソフトタイプの黄ばみに悩んでいた私としては、大満足です。

一応、ナイトガードの汚れが気になることを相談したら、ナイトガード用の洗浄液をオススメしてくれました。

これは泡で出てくるタイプで、ミントがかなり効いててスーッとします。

2015-05-27 15.30.06

ソフトタイプよりも強い

強い、つまり、壊れにくいです。

現在、使用2ヶ月目ですが、左の犬歯のあたりが少しすり減っているくらいです。

この部分は、ソフトタイプのときやぶれてしまった部分です。

歯医者さんいわく、ハードタイプでも壊れる人もいるとのこと。

100%丈夫というわけではないみたいですが、ソフトタイプより長く使えそうなので、安心です。  

ソフトにするかハードにするか?

ナイトガードをはじめて作ってもらうとき「着けた感じが気持ち悪くて、すぐ着けなくなる方も多いですよ」と、さんざん念を押されました(笑)

そして、迷っていれば、ソフトタイプをすすめられます。

「ナイトガードを気持ち悪く感じるか、意外と平気か」というのは、人それぞれなので、使ってみないことにはわかりません。

私の場合、歯ぎしりが重症だったせいか、ソフトだとすぐにやぶれてしまったので、ハードタイプに落ち着きました。

着用感は、ソフトタイプの方が好きなので、ソフトタイプを使用して、なかなかやぶれなかった人は、ソフトタイプのままでもいいと思います。

ナイトガード作成にかかった料金

  • 初診  虫歯、歯茎のチェック+歯のお掃除  3,000円ちょっと
  • 2回目 型取り  1,000円以内
  • 3回目 ナイトガード受け取り  5,000円+1,000円(ナイトガード洗浄液代)

歯医者さんによって値段は変わってくるかもしれませんが、私がかかっている歯科だと全部で1万円くらいで完了します。

虫歯がある場合は、治療が先になると思うので、その分治療費もかかるでしょう。

ただ、「保険の関係で1週間以上あけないといけない」と言われることもあります。

最短で早く作りたいとか、仕事で時間がないという人は、スケジュールの調整が必要です。

まとめ

歯医者さんでは「気持ち悪くてすぐつけなくなる人もいる」とさんざん念を押されましたが、使ってみると案外平気でした。

今では、ハードタイプの着用感にも慣れ、快適に使用しています。

歯医者さんに歯ぎしりを指摘された方は、あまり心配せずにマウスピースを作ってみるといいかもしれません。

こちらの記事も読まれています。

私が重宝してるデンタルケアグッズ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする