肌質改善と肌偏差値をあげる4つの方法

スポンサーリンク

老化予防したい、できるだけ若々しく綺麗でいたいと願う人は多いはず。

そのために、お金や手間暇をかけている人もいるでしょう。

今回は、アンチエイジングのためにできる基本的なスキンケアについておさらいしたいと思います。

基本的なことだからこそ、きちんと実践できていないといけないですが、

同時に、うっかり手を抜きがちになることも多いです。

若さで何とかなってきた20代までと、

「結果」が現れはじめる40代。

30代は、基本的な正しいスキンケアで「基礎肌力」を上げていきたいですね。

(1)紫外線対策をしっかりと行う

まず、真っ先にあげたいのは、紫外線対策。

今では、日焼け止めクリームによる肌への害よりも、紫外線による肌への害の方が多いことがわかっています。

紫外線は老化の原因。これを光老化といいますが、単純に考えて、紫外線対策をすれば、それだけ老化のリスクを減らせるというわけです。

紫外線を浴びつづければ、シミ、シワ、たるみを引き起こしますし、

最悪の場合、皮膚癌の原因になることもあるのです。

(2)基本的なスキンケアをきちんとする

  • 朝は、洗顔料で洗顔
  • 化粧水と乳液で保湿
  • 日焼け止めを塗る
  • 夜は、クレンジングと洗顔料で洗顔
  • 化粧水と乳液で保湿

以上は、一番基本的なスキンケアです。

まずは、ここをしっかりするようにしましょう。

品質の低いものや、刺激の強いものを使わないかぎり、

以上のステップでスキンケアしていれば、肌は自然と整っていきます。

(だから、上質な化粧品選びが課題なんですよね・・・・・・)

美顔器を使ったり、毎日パックをしたり、スクラブをしたり・・・・・・

さまざまな美容法がありますが、

自分の肌がきちんと整うまでは、「ごく普通のスキンケア」で肌に負担をかけずに保湿するのが先決です。

(3)自分の肌トラブルを把握して、的確な成分でケアをする

自分の肌質や肌トラブルをきちんと把握して、

それにあった成分の化粧品を選ぶこと。

こういうと、当たり前のことすぎて、肩透かしを食らった気分になるかもしれませんが、本当に大切なことです。

乾燥肌なのに、美白化粧品をずっと使っていたり、

ニキビができるからと、さっぱりめのコスメを使ったり、

ハリや小じわなどエイジングケアが気になるのに、10代20代が使うようなプチプラコスメを使ったり、

敏感肌なのに、植物由来のものにこだわったり。

もちろん、今のスキンケアで肌の調子がいいのであれば、そのままでOKですよ!

ただし、

「悩みがなかなか解消されない」

「肌の調子がずっとサイアク・・・・・・」

と感じるなら、成分に注目して、ご自分で化粧品を選んでいく必要があります。

アラサー以上で、乾燥肌やエイジングケアをしたいなら、成長因子やプラセンタ配合、フラーレンのコスメがおすすめ。

成長因子配合化粧品の記事一覧

成長因子(3GF)化粧品の働きとは?

フラーレン高配合!フラセラ アンフェイディングローションの口コミ

大人ニキビは角質ケアと同時に保湿も十分に行わないといけない場合が多いです。10代のニキビ用に作られたコスメだと逆効果になることもあります。※全員がそうというわけではありませんよ。

敏感肌の場合、植物由来の成分がアレルギーや肌荒れを引き起こすこともあるので、もし肌に合わないと感じるなら、セラミド配合のコスメで肌のバリア機能をケアしていくほうがいいです。

セラミド超高配合!セラリッチミルクを1週間使ってみた感想

あとは、自分の肌質を勘違いしている可能性もあるので、できれば一度プロに肌質を診断してもらうと理想的です。

私も、ちょっと前までは、自分のことをオイリー肌だと思い込んでいたのですが、美容クリニックで診てもらったところ乾燥肌だと断言されました。

自分でできる肌質チェックの方法というのもあるので、よかったら参考にしてください。

【医師直伝】肌質チェック方法

(4)ワンランク上のケアで差をつける

以上の3ステップは、基本中の基本です。

ここまできちんとできた上で、ワンランク上のケアを取り入れてみると、さらに美しい肌を目指すことができます。

  • シミ、肝斑、ニキビ跡、ニキビなどは、美容クリニックに相談する
  • フォトフェイシャルやサーマクールでエイジングケア
  • 顔の産毛を脱毛する
  • 美顔器を取り入れる

などです。

費用や手間はかかるかもしれませんが、ワンランク上の美しさを手に入れることができますし、実際に綺麗な人はほとんど取り入れていると思います。

とくに、美容クリニックでの治療は、速効性があり、確実な変化を期待できます。アンチエイジングや美肌治療であれば、メスも使わず、ダウンタイム(腫れや赤み)がないものもあるので、私たちのライフスタイルにあったものを探してみるといいでしょう。

ただし、美容クリニックでの施術も、美顔器を使った自宅ケアも、

毎日の正しいスキンケアが合ってこそなので、

先ほど上げた3ステップはきちんと習慣づけていきたいですね。

まとめ

  1. 紫外線対策
  2. 基本的なスキンケア
  3. 肌質を把握して、それにあった成分のコスメを使う
  4. ワンランク上のケアで差をつける

どれも、目新しいことではありませんが、

とても大切なことです。

「毛穴パックをしているけど、改善されない」

「自己流(または、裏技的、流行り)のスキンケアをしているけど、肌が綺麗にならない」

「人気のコスメを使っているけど、肌荒れする」

このような場合は、一度、基本にかえってみて、

今紹介した方法をすると、本来の肌力を取り戻せます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする