ガッテン塗りの効果と方法

スポンサーリンク

ガッテン塗りは、2010年11月3日(水)にNHKテレビ番組「ためしてガッテン」で紹介されたスキンケア方法。

「カサカサがプルプルに 素肌力劇的アップ秘技」というタイトルで、監修は北里大学医学部の田中早苗教授でした。

公式サイトを調べてみたところ、その回のページが削除されており、録画も残っていないため、正確な方法を確認することができませんでした。

この記事では、2010年から定期的にガッテン塗りを取り入れている私が、実際に行っている方法や効果について書いてみたいと思います。

ガッテン塗りの効果

ガッテン塗りでは、過剰なスキンケア・間違ったスキンケアは、肌のターンオーバーを早めてしまう、と考えます。

肌のターンオーバーが早くなると、

  • バリア機能が低下する
  • キメがなくなる
  • 敏感肌、乾燥肌
  • 肌荒れ、赤み
  • ニキビ
  • 毛穴が目立つ

などのトラブルが起こりやすくなります。

「マイクロスコープで肌をみると、熱心にスキンケアしている人ほど、キメがなく乾燥している」という話もあります。

ガッテン塗りの効果は、

スキンケアをシンプルにし、肌への刺激・摩擦を減らすことで、ターンオーバーを正常化し、キメの整ったふっくらとした肌にする

ということだと理解しています。

「肌が健康な状態に戻っていく」というイメージです。

もし今、

「念入りにスキンケアしているのに、肌トラブル(乾燥・敏感肌・肌荒れ・ニキビ・赤み・毛穴など)が全然改善されない!」

と悩んでいるなら、

もしかしたら、その原因が過剰なスキンケア・間違ったスキンケアにあるかもしれません。

そんな方は、ガッテン塗りをしてみるのがおすすめです。

ガッテン塗りの方法

  • 1日2回、洗顔後にクリームで保湿するだけ
  • 洗顔は泡で優しく洗う

超!シンプルです。このシンプルさが鍵です。

洗顔のポイント

  • 洗いすぎない
  • こすらない

というのがポイントです!

具体的には

  • 回数を多くしない(朝晩のみ)
  • クレンジング剤や洗顔料の量を多くしすぎない、適量を使う
  • 時間をかけすぎない
  • 熱いお湯やシャワーで洗わない
  • ブラシやクロスを使わない
  • スクラブを使わない
  • 「ついでマッサージ」をしない

ということに注意します。

保湿のポイント

  • 洗顔後、クリームのみで保湿する
  • 「乾燥が気になる」「脂っぽい」など、肌の状態や部位に合わせて保湿剤の量を調整する

…と、保湿はとにかくシンプルにするのがガッテン塗りの極意!

入浴・洗顔→タオルドライ直後に保湿する、というのもポイントです。

パック、ブースター、化粧水、シートマスク、美容液、乳液、クリーム、美顔器、マッサージなど、美容マニアほど、どんどんスキンケアの行程が増えてしまいがちですが、色々やりすぎると皮膚を摩擦することにつながり、ターンオーバーが早くなりすぎてしまいます。

乾燥している部分としていない部分では、

  • 乾燥してない部分はクリームを薄くする
  • Tゾーンだけ乳液にする

など、保湿にメリハリをつけて行います。

※確か「全く乾燥が気にならない部分は、わざわざ保湿しなくてもいい」と紹介されていた気がします。

こちらの記事で、自分の肌質チェックの方法を紹介しています。

医師直伝!自分でできる肌質チェック方法

ガッテン塗りに使うクリームについて

ガッテン塗りに使うクリームは、

  • 自分の肌に合ったもの

これにつきます!

  • 赤みやかゆみなどトラブルを感じる
  • 保湿力が足りない

など、肌に合わないと感じたら使用を中止しましょう。

「クリームなのに、単品では保湿力が足りなかった(=化粧水・美容液・乳液などとライン使いしないと意味がない?)」ということもあります。

「クリームなら、なんでもOK」とも限りません。

できれば試供品やミニサイズで試してみるのが安心ですね。

私は、「悩み(美白、エイジングケア等)にあった成分が入っているかどうか?」という点にも注目するようにしています。

ジェルや乳液、美容液などではダメなの?

クリームじゃなくて、「化粧水」「美容液」「乳液」「オイル」「ジェル」などで代用したらダメなの?という方もいると思います。

これについて、ためしてガッテンではなんといわれていたか、忘れてしまったので、私なりの考えになりますが、

自分の肌に合っていれば、なんでもいいと思います。

※私の場合、クリームでの保湿がベストだったので、ここではクリームで統一して紹介しています

「自分の肌に合っている」というのは、「トラブルも起きず、なんだか最近肌がいい感じ♪」と自分が感じられるということです。

スキンケア方法について調べてみると、

「保湿は化粧水で十分なのだ!!」

「なんだかんだいっても油分で蓋が大事!!」

「究極は肌断食である!!」

などなど、調べればいくらでも美容法が出てきて迷ってしまいますが、一番大切なのは「自分の肌に合っているかどうか?」だと思います。

化粧水だけで十分という人、クリームじゃないと無理という人、肌断食でも全くノートラブルという人、色々いるでしょう。

自分の肌質を把握して、肌の状態をしっかり観察していくことで、肌トラブルも防げるようになってきます。

クリームでも、乳液でも、美容液でも、

「肌が適度にうるおっていて、最近調子がいい感じ♪」

と感じられることが大切です。

ガッテン塗りの基本である

  • 洗いすぎない
  • こすらない
  • 適度に保湿する

この3つは、ぶれないように気をつけます。

私のガッテン塗り体験談

本家ガッテン塗りの公式ページが削除されていて、正確な方法を確認できなかったため、

洗顔後クリームで保湿するだけのシンプルケア

を、ガッテン塗りとして紹介していますが、今回紹介した方法を私も実践しています。

私の場合、化粧水や美容液、美顔器なども大好きなので、「ずっとガッテン塗り」というわけではないのですが、

  • 肌の調子が不安定なとき
  • いつものスキンケアで保湿が足りないと感じるとき
  • 旅行のとき

などに、ガッテン塗りを実践しています。

最近の話だと、ちょうど1ヶ月くらい前、急に肌の乾燥が気になりはじめました。

季節の変わり目というのが大きいと思いますが、夏〜秋にしていたスキンケア(化粧水、美容液、乳液)だと保湿が追いつかなくなってしまったのです。

ニキビや肌荒れも気になっていたので、久しぶりにガッテン塗りに切り替えました。

クリームしか塗らなかったのですが、しっかりと保湿されてひとまず乾燥が気にならなくなりました。

2〜3週間くらい続けていると、肌が安定してきた感じがしたので、久しぶり「化粧水+美容液+乳液」のスキンケアに戻してみたところ、乾燥が気にならなくなっていました。

「たまたま?」という気もしますが、いつもこんな感じで肌が落ち着くので、私は時々ガッテン塗りをするようにしています。

あと、便利なのが、旅行のとき!

荷物も少なくなるし、「相性のいいクリーム」さえ押さえていれば、肌の状態も保てます。

さいごに

大好きなガッテン塗りですが、

「美肌のためには、ガッテン塗りしかない!!」

とまでは思いません(笑)

実際に、美容液を付け足したり、美顔器を取り入れたりすることで、グンと肌の調子がよくなることも実感してきました。

でも、たまに、スキンケアをシンプルにしてみると、それはそれで肌の調子がよくなることを実感できます。

ガッテン塗りをすることで「肌を休ませるような感覚」があるので、これからも取り入れていきたいです。

こちらの記事も読まれています。

やっぱり、ガッテン塗りは最高だと思う※ただしニベア青缶はちょっと待った

私がガッテン塗りに使っている保湿クリーム

スポンサーリンク

シェアする

フォローする