フラーレンと塗るボトックス配合フラセラアンフェイディングアイクリームで目元の老化対策

スポンサーリンク

写真 2016-08-25 10 17 40

私の場合、20代後半くらいから、目元の小じわが気になりはじめたり、疲れるとまぶたが落ちくぼんだりといった変化がありました。

ほかにも、

目の下のキメが荒く、小じわのようになっていたり。

夕方になると、乾燥で小じわがくっきりと刻まれたり。

アラサー世代の女性なら、同じ悩みを持っている方も多いのではないでしょうか。

「まだまだ、アイクリームをわざわざ取り入れるほどでもない」と見過ごしている方もいるかもしれませんが、

ちょっとでも目元のエイジングサインが気になったら、アイクリームを今すぐにでも投入すべきです。

そこまで深刻というほどでもないアラサーくらいから、アイクリームをコツコツ使うことで、目元の老化予防に大きく役立ちます。

写真 2016-08-25 10 18 17

というわけで、私も現在、アイクリームを使用中です。

今日紹介するのは、六本木の美容皮膚科医工藤さやか先生先生が開発したドクターズコスメ【フラセラ】のアンフェイディングアイクリームです。

アンチエイジング成分として注目のフラーレンは規定値以上配合、

「塗るボトックス」と呼ばれるアルジルリンで小じわを徹底的にケアします。

フラセラ アンフェイディングアイクリームの特徴

写真 2016-08-25 10 18 00

フラセラ アンフェイディングアイクリームの特徴は、

*フラーレンを規定値以上配合。老化の最大の原因である活性酸素を除去

*「塗るボトックス」といわれるアルジルリンで小じわをケア

*ほかにも、ハリを与える成分や、美白成分を贅沢配合

*低刺激への徹底的なこだわり。美容皮膚科医監修だからこそできた安心感です

フラセラ アンフェイディングアイクリームの成分

フラセラ アンフェイディングアイクリームに配合されている注目の美容成分をピックアップしました。

箱の裏側はこちらです。

写真 2016-08-25 10 18 33

*フラーレン
老化の原因である活性酸素を除去する強い抗酸化作用を持つ。

*アルジルリン
「塗るボトックス」とも呼ばれていて、シワに効きます。

*カイネチン
健康的な水分バランスを保ち、ふっくらとしたハリを与えます。

*トラネキサム酸
シミ・肝斑治療などにも使われる美白成分。透明感のある目元へ整えます。

*エラグ酸
ポリフェノールの一種で、肌トラブルを整え、透明感を与えます。

*セラミド
肌の細胞同士をつなぐ成分。外部の刺激から守るバリア機能を保ち、乾燥から肌を守ります。

*ビタミンE
血行を促進し、肌荒れやくすみを抑えます。

*ヒアルロン酸
水分を肌にたっぷりと保ちます。肌なじみがよく、ハリがあり、なめらかな肌へ整えます。

*スーパーオキシドジスムターゼ
体内でできてしまったサビを和らげます。

*α-アルブチン
美白成分。チロシナーゼに作用してメラニンの発生を防ぎます。

*アルガンオイル
美肌効果。

*ヒナギク抽出エキス
美肌効果。

*カンゾウ根エキス
抗炎症作用。

フラセラ アンフェイディングアイクリームの使用感・口コミ

写真 2016-08-25 10 18 52

1回にワンプッシュ分使用します。

伸びがいいので、少量でも両目元に使えます。

お顔全体をフラセラの基礎化粧品でしっかりと保湿しておくと、アイクリームが残ってしまうこともあるので、そんなときはほうれい線の乾燥小じわの部分につけています。

とろ~っと伸び、みずみずしくうるおいますが、密着力があり、ハリと弾力を実感できます。

一週間くらいまじめにコツコツと塗り続けると、夕方になると深く刻まれる小じわが気にならなくなり、キメも細かく整ってきます。

いつの間にか、ふっくらと小じわが気にならなくなっているという感じです。

乾燥肌で、小じわが気になるという方には特に向いているかもしれません。

アンフェイディングアイクリームをのせた直後の写真。

(加工なしで、眉毛の産毛が見苦しくて申し訳ありません。。。)

写真 2016-08-25 10 19 36

以前に比べると、小じわが全然気にならなくなりました。

塗るボトックス「アルジルリン」のおかげでしょうか?

目尻下のあたりが、まだキメが粗い感じなので、これからもコツコツとアイクリームを塗り続けていこうと思います。

私は、朝晩使用。朝も塗ることで、一日中目元の乾燥が気になりません。お粉を使っても、小じわでひび割れたりせず、ハリと柔らかさを保てます。

まとめ

アイクリームって脇役的ですが、こういうのをするかしないかで、差がついてくるのだと思っています。

せっかく目元ケアに力を入れるなら、安心安全成分・適切な成分・美容皮膚科医監修という理想的な条件がそろったアンフェイディングアイクリームは最適だと思いました。

→ フラセラ アンフェイディングアイクリーム を公式サイトでチェック。

フラセラの「シンプルライン」「プレミアムライン」と併用することで美しさがさらに高まる配合率を採用しているそうなので、私もフラセラをライン使いで使っていますよ。

「シンプルライン」はこちらの記事でも紹介しています。

フラーレン高配合【フラセラ アンフェイディングローション】の口コミ

フラーレン高配合美容液【フラセラ アンフェイディングセラム】口コミ

フラーレン高配合クリーム【フラセラ アンフェイディングゲルクリーム】の口コミ