ドモホルンリンクル「光対策素肌ドレスクリーム」を使い続けた口コミ

スポンサーリンク

ドモホルンリンクルいち推しのライター渡辺ですが、今日は、ドモホルンリンクル8点セットの8点目「光対策素肌ドレスクリーム」の使用感について口コミをします。

お肌の天敵、紫外線の強い時期とは?

紫外線はしみやシワの原因になりますよね。

また、日焼け止めなどの紫外線対策をせずに若い頃から紫外線を浴びすぎると、皮膚ガンになりやすくなったりと厄介です。

それを知らずに、私は紫外線の強いカリフォルニアで20代の大半を過ごしてきました。

それも、きちんと日焼け対策をせずに・・・です。そのツケが今、顔をはじめあちらこちらに出てきています。

だからこそ、今、30代は必死です(笑)

紫外線の強い時期というのは、夏だと思っていましたが違うんですね!

実は、4月初旬から強くなり、5、6月の一年でも過ごしやすい時期と油断してしまいそうな時期に上昇していくそうです。

そして、イメージ通り7、8月の夏に強くなります。

つまり、夏に対策する人は多いと思いますが、実は春からしっかりと紫外線対策をしなければいけないということです。

はぁ・・・本当に無知すぎてかなり出遅れましたが、4月も目の前です。今からでもきちんと対策をしなければ先々、もっと恐ろしいことになります。

素肌ドレスクリームの魅力は成分にある

肌を保護する野馬追エキスの野馬追とは、沢の湿ったところに生える多年草で、和名はサワヒヨドリ。

フラボノイドなどが含まれ民間療法として咳止めや滋養強壮に利用されたり、干して乾燥したものを女性の出産後のむくみ予防で服用されてきたそうです。

そして、肌を健やかに保つグアバ葉エキスのグアバ葉は肩こりや血糖値のために利用されています。

グアバ葉ポリフェノールというグアバ特有のポリフェノールが糖の吸収を穏やかにし、血糖値の上昇を抑える働きがあるとして特定保健用食品にも用いられています。

野馬追エキスとグアバ葉エキスの成分を配合していることで、お肌の自己回復を促します。

素肌ドレスクリームの使用感はバツグン

小豆一粒の量で充分な伸びです。

日中クリームの中には、脂っぽいベタつきでつけた後もお肌から浮く感じのものがありますが、素肌ドレスクリームは脂っぽい絵の具のような感じはなくサラっとしているけれど濃いクリームです。

そしてつけ心地ですが、薄づきで肌にすっと馴染んで艶も出ます。

私は化粧下地として使っていますが、つけた後にカサカサすることはありません。

このクリームの一番気に入っているところは、少量でも毛穴を隠してくれるのでパウダーもポンポンっと軽くですむところです。

シミや気になる箇所には少し厚めに塗ってコンシーラー代わりになります。

もちろんクリームファンデーションは不要です。

長持ちするので化粧崩れの心配はありません。

日中のダメージを少なく抑えるためにも、またダメージを受けた肌の回復を早くするにもとても都合の良いクリームです。

”素肌”と名前がつくだけあってか、このクリームだけでもお肌は色づき薄化粧をした感じになりますよ♪

さいごに

年齢肌に合った化粧品とは、入っている成分をきちんと調べて自分の肌にはどのような成分が合って、合わないのかと意識していくことも重要なことですね。

ドモホルンリンクルの商品はこれからも長いお付き合いになることは間違いなしなので、もっと研究・開発を重ねてバージョンアップしていってくれることを期待しながら愛用していきたいと思っています。

私のように20代で肌ケアを怠っていた人でも、30代から”意識”を変えて自分に合った化粧品を探していけば、

きっと40代を迎える時には肌も心も若くなれるはず!と前向きに生きていきたいものです♪

スポンサーリンク

シェアする

フォローする