水光注射(ダーマシャイン)してきました!体験談と効果について

スポンサーリンク

先日、美容クリニックで水光注射(水光プラス)を受けてきました。

韓国では、まるで水を浴びたようにみずみずしく、ツヤツヤと輝く肌のことを水光肌(ムルグァンピブ)と呼ぶそうです。

吸い付くような水光肌に近づける!ということで、韓国や日本で愛されている治療法なんだとか。

水光注射(水光プラス)とは?

水光プラスとは、「ダーマシャイン」という治療機器を使用して、水光注射用のヒアルロン酸+美容成分(ビタミン、プラセンタ、成長因子、ボトックス等)をブレンドして実施する水光注射のこと。

ダーマシャインというのは、1ショット5針(極細針)のスタンプ注射。皮膚に陰圧をかけて吸引しながら注入していくので、普通の注射とはまた違った感覚になってきます。

これを顔全体にチクチク〜っと無数に注射していきます。私は麻酔をしてもらってるので痛みは全く感じません。

美容大国韓国発祥、日本には2013年に登場。

ヒアルロン酸だけ入れるというより、ヒアルロン酸にプラスαで、ビタミンやアミノ酸をカクテルしたもの、プラセンタ、成長因子、ボツリヌストキシンA型製剤(ボトックス)などを一緒に注射していくことが多いようです。

水光注射の治療間隔と効果の持続について

個人差があるみたいですが、効果は1回の治療でも実感できることが多いようです。

ただし、1回の治療で、ずっとその効果が持続するわけではなく、複数回受ける必要があります。

2〜3週間間隔を3回、その後1〜3ヶ月間隔で2回

このような周期で通うことが推奨されており、ワンクール受けると3〜6ヶ月効果が持続するようになるそうです。

水光注射の効果と向いている人

真皮層のハリ・弾力をアップして、水光皮膚(みずみずしいツヤ肌)を作る水光注射。

具体的にどのような効果があるかというと、

  • 小じわ、ちりめんじわ
  • 毛穴
  • ハリ・弾力の低下
  • くすみ
  • 乾燥肌
  • 化粧ノリが悪い

このような悩みには特におすすめとされます。

キメが整って、肌質が改善し、しっとり・ツヤツヤのなめらか肌を目指せます。

一緒に注射する成分によっては、美白・ニキビ・小顔などをピンポイントで攻めることも可能。

年齢を感じる首や手の甲に打ってもらうこともできるようです。

水光注射を実際に受けてみた体験談・治療の流れなど

実際に水光注射を受けてきたので、体験談を書いてみたいと思います。

治療の流れ

予約後、治療当日の流れをまとめます。

  • 受付
  • 洗顔
  • 診察
  • 麻酔クリームの塗付
  • 水光注射
  • パック
  • スキンケア・UVケア
  • 会計

所要時間は、受付から会計まで、1時間30分くらいでした。

診察・カウンセリング

私の場合、目元と口元の小じわ、頬のたるみ、毛穴、ニキビ、ニキビ跡、乾燥肌、肌が凸凹した感じ・・・など悩みが多すぎたのですが、水光注射を受けることで、全体的に改善されていくようです。

もちろん、数回受ける必要がありますし、ブレンドする薬剤の選び方も影響してきます。

水光注射はハリを与えて、キメを整えるのが得意なので、目元やほうれい線の小じわ、毛穴、乾燥肌は比較的実感しやすいみたいです。

何回も受けることで、肌質が改善され、つるんとなめらかな肌になるといわれているので、楽しみ!

水光注射の体験談

診察後、診察台に横たわって治療を受けます。

まず、麻酔クリーム!

肌にクリームを塗って、20分くらい肌につけたまま。パックみたいなイメージ。

チクチクするようなヒリヒリするような刺激を結構強めに感じます。

麻酔パックのあと、いよいよ水光注射!

「顔中に注射」という説明と「ブーン」という機械の音にちょっとビビっていたのですが、

全然痛くない!

麻酔のおかげだと思いますが。

施術中は、チュッチュッと吸い付かれるような感覚。

これがちょっと心地いいというか、クセになりそう。

目元ギリギリにも打ってもらいましたが、

全然痛くないです。

あるとするなら「痛いかな?大丈夫かな?」という恐怖心のみ。

まぁ、麻酔クリームしてるから心配御無用なわけですけど。

美容クリニック慣れしている方や、肝が座っている方は、それすらナイと思います。

水光注射自体は、20〜30分くらいかな?

途中で鏡を見ましたが、血はほとんど出てなかったです。ポツポツとところどころ血が滲んでる?赤くなってる?という程度。

そのあと、10分ほどパック(?)します。

ひんやり、クールダウンで気持ちいいです。

水光注射後の内出血・針跡・ダウンタイムは?

水光注射をすると内出血することがあるそうですが、その場合も3〜7日くらいで落ち着いてくるそうです。

ちなみに私は、ほとんど内出血がありませんでした。

目の下に、赤い針の跡がちょっとありますが、ほとんど目立ちません。目の下の針の跡は2〜3日くらいで完全になくなりました。

家族・友人にも気付かれませんでした。

その日、たまたま美容関連の仕事をしている人(審美眼がかなり鋭い)と会いましたが、全然気付かれませんでした。

「実は今日水光注射したの」と自己申告したら、「うそ〜!全然気付かなかった!」といってました。

ただし、こればっかりは個人差があるものなので、人によっては、赤み・腫れ・凸凹感・ごわつきなどの症状が強く出る場合もあるみたいです。

ちなみにこれが水光注射直前の頬の写真。加工なしです。

写真 2016-07-30 12 11 59

水光注射直後の写真。

写真 2016-07-30 12 12 21

ニキビ跡(赤く色素沈着している部分)の赤みが強く出ていて、肌のごわつきもちょっとありますね。写真で比較するとわかりやすいです。

3日〜1週間ほどでつるんと落ち着いてくるようです。

水光注射直後の肌の変化

ハリ・弾力、しっとり感は当日から実感できます。

私の場合、乾燥肌なので、洗顔後のしっとり感で違いがすぐにわかりました。

3日ほど経つと、小じわやキメが違ってきます。

イベント前などに受けたい方は、1週間〜10日前くらいに受けるといいと思います。

まとめ

水光注射の肌質が改善される感じ、なめらかでツヤツヤな触感は病みつきになりそうです。

とりあえず、最初の3回(3ヶ月くらい)は、水光注射を集中して受けたいと思います。

10日後の肌の変化はこちら。

水光注射(ダーマシャイン)10日後の経過写真

スポンサーリンク

シェアする

フォローする