ノンカフェインで葉酸やビタミンB2も摂取できる!リケンのたんぽぽコーヒー

スポンサーリンク

「コーヒーは飲みたいけれど、ノンカフェインがいい」という方におすすめのたんぽぽコーヒーをご紹介したいと思います。

たんぽぽコーヒーとは、誰もが知っている春先に咲くたんぽぽの根を使った飲み物のことです。

とくに、このような方におすすめです。

  • 妊活・妊娠中の方
  • 産後、授乳中の方
  • 母乳の出をもっと良くしたい方
  • 鉄分やビタミンB2不足で体調改善をしたい方
  • コーヒーを飲みたいけれど、眠れなくなってしまう方

たんぽぽコーヒーはノンカフェインのため、子供でも安心して飲めますが、

なぜ妊娠中の人におすすめかというと、赤ちゃんに大事な葉酸(※)を含んでいるからです。

葉酸が特に多いものはイチゴ、ブロッコリーなどですが、補えない分はサプリも出ています。

その葉酸がこのたんぽぽコーヒーには含まれているので、一石二鳥かもしれません。

※葉酸とは、造血作用やDNA形成など身体の重要な働きに欠かせない栄養素です。特に、妊娠中に摂取することで、胎児の神経管閉鎖障害リスクを低減できるといわれています。

ただし、妊娠・授乳中の方でなくても、体調改善目的で愛飲する方もたくさんいるようです。

たんぽぽコーヒーの味って?

味は薄いコーヒーで、少しほのか~な甘さもあります。

なので、普段 ブレンドなど濃いコーヒーより、アメリカンコーヒーを好む方のほうが抵抗は少ないかもしれません。

私は濃いコーヒーにちょっとミルクを足すのが好きなので、少し物足りないかなと思いました。

ただし、クセはなく飲みやすいしノンカフェインコーヒーなので、ホッと一息つきたい時やおやつタイムに安心して飲めるという点に関してはありがたいです。

お試しで1つ購入後は、お得に3つまとめて購入するほど気に入りました。

授乳中の私がたんぽぽコーヒーを飲み続けた口コミ

お産後、退院してから最初の2週間はたんぽぽコーヒーを1日2~3杯飲み続けていました。

すると、少しずつ母乳の出が良くなることを実感しました!

お産して1、2ヶ月はミルクよりだったのですが、最近ではもうすぐ5ヶ月の息子を9割母乳で育てることができています。

私が飲んでいるおすすめのたんぽぽコーヒー

たんぽぽコーヒーと検索するだけで多数出てくるので、正直迷いましたがレビューなどを見て決めました。

たんぽぽコーヒーには、ティーバッグタイプと瓶タイプがあります。

はじめはティーバッグの方がいいかなと思ったのですが、その都度の気分で分量を変えることのできる瓶タイプにしました。

たんぽぽコーヒーのアレンジ

たんぽぽコーヒーに飽きてしまったときは、飲み方をアレンジしています。

たんぽぽコーヒーだけ飲み続けるのも飽きるなぁと思ったこと試してみたのが、紅茶オレや豆乳オレなどいろんな種類のスティック粉末にたんぽぽコーヒーを足すことでした。

これが予想以上にどれを足しても美味しかったです!

たんぽぽコーヒーの風味はほとんど前面には出てきません。

ブラックから甘いカフェオレなど幅広くいろんな味を楽しみたい!という方にはおすすめです。

授乳はまだまだ続きますし、授乳が終わってもカフェインの過剰摂取を少し控えるために引き続きしばらくは愛飲するつもりです♪

スポンサーリンク

シェアする

フォローする