圧倒的な高速浸透!高濃度ビタミンC美容液 C’ensil(センシル)VC-25

スポンサーリンク

2016-06-01 10.14.32

乾燥肌だけど、ニキビができやすい厄介な肌質の私。

白ニキビや赤ニキビが定期的に繰り返され、そのたびに悩まされていました。

基礎化粧品を1から見直したり、食事や睡眠に注意したりもしましたが、完全にニキビができなくなることはありません。

皮膚科を受診するほどひどい状態のニキビというわけではありませんが、頬やこめかみにポツッと赤ニキビができると泣きそうになります、本当に。

あとは、生理前になると、口〜アゴ周りに白ニキビが多発。

生理前は予定を全キャンセルしたくなるほど憂鬱でした。

そんな私のニキビがほぼ完治したきっかけというのがあります。

 C’ensil(センシル)VC-25 という美容液です。

C’ensil(センシル)VC-25の特徴

センシルVC25は、高濃度ビタミンC美容液。

その特徴は、

*ピュアビタミンC(純粋L-アスコルビン酸)を驚異の25%配合

ATDS(※)により皮膚への浸透率が92%

*ビタミンCの機能が長時間持続(10時間以上ともいわれる)

*アメリカFDA認証製品で安全

*純濃度L-アスコルビン酸を使用

*酸化防止剤、アルコール、防腐剤、水、アルコール等不使用

18ヶ月という長期間の成分の安定性を実現

・・・・・・とこんな感じ。

低刺激、安全性、高持続性、安定性をすべてクリアし、

それに加えて、

超高速浸透

超高浸透

高濃度25%ピュアビタミンC

を実現した夢のようなビタミンC美容液なのです。

C’ensil(センシル)VC-25の全成分

全成分はたったこれだけ!

ブチロラクトン、アスコルビン酸、PEG-8、PG、グリセリン、ジステアリン酸無水ソルビトール

ビタミンC誘導体ではなくて、ピュアビタミンC配合

2016-06-01 10.14.54

一般的に化粧品に配合されているのは、ビタミンC(L-アスコルビン酸)そのものではなくて、ビタミンC誘導体のかたちで入っています。

「ビタミンC(L-アスコルビン酸)は不安定で壊れやすく、皮膚への浸透が見込めないから、

ビタミンC誘導体というかたちにして、浸透率を高め、皮膚内に浸透してからビタミンCに変化することを可能にした」

というわけです。

こうきくと、ビタミンC誘導体最高!という感じがします。

実際にも、美白や抗酸化作用があるとして、たくさんの化粧品に配合されている実力派です。

しかし、ビタミンC誘導体は、ビタミンCにマグネシウムやナトリウムなどを結合させることで安定させるので、分子構造が変化してしまいます。

なので、ピュアビタミンC(L-アスコルビン酸)としての効果を十分に発揮できていないのでは?という心配もあったのです。

できれは、ピュアビタミンC(L-アスコルビン酸)を製品化して、肌に浸透させることができたら一番いいけど、性質的に化粧品に配合するのは無理。

・・・・・・そこに、センシルVC-25で採用されているATDSという技術により、不可能を可能にし、ピュアビタミンC(L-アスコルビン酸)の欠点をすべてクリアしてしまったのです!

ATDS(両親媒浸透システム)とは?

ATDS(両親媒浸透システム)は、米国をはじめ国際特許を取得している技術で、水と油という相反する成分を配合させることを可能にしました。

肌には、水も油も通さないバリア機能が備わっているのですが、このATDSにより、このバリア機能があっても肌に有効成分を浸透させることができます。

塗るだけなのに皮膚への浸透率は92%!

イオン導入よりすごいんじゃないかってほどです。

不安定なビタミンCの安定化、高浸透力を実現、高濃度、低刺激などを実現。

水を含んでいないので、アルコールや保存料を使わずに製品できたのもATDSの技術のなせる技なのです。

ビタミンCの効果とは?

img60013779

飲んでも塗っても万能薬のようなビタミンC。

どのような効果があるのかおさらいです。

  • メラニン色素の生成を抑制+還元作用促進機能 → しみ、くすみ、美白
  • 抗酸化作用(活性酸素の除去)→ しわ、たるみ、くすみ、ニキビ
  • コラーゲンの生成→ しわ、たるみ、ニキビ跡
  • 過剰な皮脂分泌を抑制→ ニキビ、毛穴
  • セラミドの合成促進→ 毛穴、キメ、うるおい
  • 抗炎症作用→ ニキビ
  • 新陳代謝促進による細胞の活性化→ 傷の回復を早める

エイジング肌にも、ティーンにも◎

様々な肌トラブルに対応できる素晴らしい成分です。

ちなみに、レモンは、ソラレンという紫外線を敏感に吸収する性質(光毒性)を持つ成分が入っているので、朝食べたらしみができやすくなるのでNGですが、

センシルは朝晩使用してOKですよ〜。

C’ensil(センシル)VC-25を実際に使ってみた感じ

センシルVC-25は、1本10mlで18,000円(税別)。

安くはありませんが、上記の機能や効果を知るとほしくなりますし、一度使ったら手放せなくなります。

私ももう何本目かわからないほどリピートしています。

以前は「C’ensil LA-25」という商品名でしたが、「C’ensil VC-25」に変更になったみたいです。

10mlなので、このくらいの大きさ。

2016-06-01 10.15.10

一般的な美容液が1本30〜50ml、目安として1ヶ月分で販売されていることが多いので、

センシルの10mlは「え〜たったのこれだけ〜」と最初は思うかもしれません。

使用方法ですが、

洗顔後または低刺激性の化粧水でお肌を整えたあと、当液を2〜3滴手に取り、顔と首周りになじませてください。

とある通り、1回に使用する量は、1滴単位とごく少量なので、

早く使い終わってしまうわけでもありません。

私は、洗顔後、(1)美容液(2)化粧水(3)センシルの順で使用しています。

2〜3滴顔全体になじませたあと、もう1滴手にとって、ニキビやニキビ跡が気になる部分に重ねづけします。

肌につけると、ジワジワとあたたかくなるような感覚があります。

ニキビにつけると、ちょっとしみることもあります。

肌のバリア機能が低下している場合、結構しみるみたいですね。

1滴ずつ部分使いしてもいいと思います。

テクスチャは、オイルのようなペタッとした感じで、1滴でも結構伸びます。

実際に使いつづけると、

  • ニキビができにくい肌質に変わる
  • ニキビができても治りが早い
  • 色素沈着したニキビ跡も目立たなくなってきた
  • 毛穴が目立たなくなる
  • テカりにくくなる
  • キメが整う
  • くすみが抜けて、色白になった感じ

このような変化を感じられました。

やっぱり使うと全然違うので、ちょっと高いですが、リピートしちゃいます。