垢抜けない理由と垢抜けるための5つの方法

スポンサーリンク

NKJ56_Lsizenooyouhuku_TP_V

先日、友人(30代主婦)から「垢抜けないんだけど、どうしたらいいと思う?」と相談されました。

救いようがないほどダサいわけでもなく、オシャレというほどでもない。

あと「数センチ」違うだけでもっと素敵になれそうなのに、もったいない。

このモヤモヤとした感じ、なぜだろう?

友人から相談を持ちかけられたときに、的確な回答ができなかったので、じっくり考えてみました。

垢抜けない理由(1)髪型が似合っていない

「なぜか垢抜けない人」に一番共通していることは、髪型が似合っていないことだと思います。

具体的には次のようなパターンがあると思います。

(1)髪型が似合っていない

毛質・毛量の弱点(ボリュームがない、超剛毛、等)を強調させるような髪型をしてしまっている。

髪の色が、肌の色をくすんで見せている。

輪郭の特徴(面長、丸顔、ベース顔等)を悪目立ちさせてしまっている。

(2)髪型が古臭い

一昔前に流行ったパーマ/カラー/カットをしている。

自分でカラーしたり、激安美容室でカット・パーマしたりすると、失敗しやすいみたいですね。

(3)髪型が変

先程の「似合っていない」と共通するところもあるかもしれませんが、髪型自体が変、ということもあるかもしれません。

ストレートパーマが効き過ぎていて変。パーマのかかり方が変。

髪型については「美容師さんの腕次第」と言いたいところですが、自分が「絶対にこうしてください!」と強く意思表示をしている場合、美容師さんもその通りにするしかない、ということもあるかもしれません。

髪型を垢抜けさせるための対処法

オシャレで流行っている美容室に行って、

「なんでもいいから、似合う髪型にしてください」

と丸投げにするといいと思います。

そして、カット・カラー・パーマ等すべてにおいて、本当におまかせにしてみてください。

このとき、髪質の悩み(クセが強い、ぺたんとする、スタイリングが下手等)を伝えるといいです。

この方法には、賛否両論ありそうですが、私はこれをたまにやります(笑)

あと、セルフカラーやセルフカットなどはやめましょう。これは上級者向けです。

もともとオシャレな人であれば話は別ですが、垢抜けたいなら、美容室にきちんと通ったほうがいいです。

「美容室に行く」というだけでも刺激を受けますし、センスのいい美容室にこまめに通えば、それだけで洗練されていくものです。

「美容室には定期的に通っている」という人や、「ずっと同じ髪型をしている」という人で、垢抜けたい!と思う場合は、思い切って美容室や髪型を変えてみましょう。

まとめ

  • 美容師さんにおまかせしてみる
  • 流行ってる美容室にこまめに通う
  • 美容室や髪型を変えてみる

傷みが激しい髪は絶対NG

もう一つ注意したいのは「ダメージがひどい髪は残念すぎる」ということ。

街を歩く人を観察すると、ダメージがひどすぎて、切れ毛がひどく、髪もパサパサと広がっている人をたまにみかけます。おそらく、パーマやカラーを繰り返したり、負担のかかるセットを日常的にしたりしているのでしょう。

ロングヘアの方も多く、そうなるとなおさら目立ってしまいます。

そういえば、知人のクラブのママがこのタイプで、昼間に髪をおろしていると、髪の傷みが目立っているのですが、夜になるとキリッと髪をまとめて格好よくキマっています。

このように職業柄仕方がない場合もあると思いますが、そうでないなら、ツヤとまとまりのある髪になるように日々のお手入れを気をつけてみてください。

髪の傷みが激しいと、いかにも貧相という印象になってしまいますし、反対に、ツヤのある髪だと「いい女風」の雰囲気を簡単に作れます。

ヘアケアアイテムでおすすめをひとつ上げるなら、リュミエリーナヘアビューザー

こちらは、バイオプログラミングという特殊な技術を採用し、髪の水分子に働きかけ、壊れたたんぱく質を整えてくれるドライヤーです。

毎日髪を乾かすたびに、つやっつやの髪へ整えてくれます。

ロングヘアで、明るめのハイライトを入れていた友達がうちに泊まりにきたので、使ってもらったのですが「なにこれ!ツルツルになる!」とビックリしていました。

トリートメントやヘアオイル、シャンプー選びも大切ですが、今、いい商品がたくさん出ていますので、

まずは、毎日使うドライヤーをいいものに変えてみるとだいぶ違ってきます。

こちらの記事も読まれています。

リュミエリーナヘアビューザープロフェッショナル[HBE2D-P]購入しました

垢抜けない理由(2)服が似合っていない

ブランド物かどうか?流行りかどうか?よりも、

自分に似合っているかどうか?という部分が、垢ぬけ感を左右するのではないでしょうか。

サイズ感、生地、形、色・・・一つひとつすべての要素と自分との相性が、自分に似合う・似合わない、ということを決めるのだと思います。

だから、マネキン買いしても、似合わないときは似合わない。

「おしゃれな人」と周囲から認識されている人の多くは、もともと服が好きで「場数」を踏んでいるでしょうし、雑誌などをたくさんみて見る目を養っているでしょうし、なんならアパレル勤務も経験しているかもしれません。

だから「自分に似合うかどうか?」「自分を格好よく見せてくれるかどうか?」という判断を的確に、素早く、下せるのだと思います。

垢抜けないファッションへの対処法

ファッションは得意不得意がわかれやすいところだと思うので、「不得意だ」と感じる人は、プロに任せるといいと思います。プロといっても、ショップ店員さんではなくて、ショッピング同行やコーディネートのアドバイスをしてくれるサービスがおすすめです。

骨格診断やパーソナルカラー診断も参考になりますよ。

垢抜けない理由(3)メイクが変

たま〜に、明らかにもったいないメイクをしている人がいます。

眉毛の形が骨格に合っていない

アイラインが不自然・角度が変

アイシャドウがベタ塗り

まつ毛が直角

チークがベタ塗り

白塗り(首と顔の色が違う)

この辺りはよく見かけるパターンです。

これは、あくまでも私個人の意見ですが、

下手な化粧をするくらいなら、スッピンの方がマシです。

「おそらくスッピンだけど、垢抜けた人」は見たことがありますが、「変なメイクで、垢抜けた人」はありえません。

「個性的なメイク」「流行のメイク」はいいと思いますが、こちらも上級者向けなので、自分に似合わせるように研究する必要があると思います。

メイクを垢抜けさせるための対処法

一番確実なのは、「メイクレッスン」といった講座を受けること。

ほかには、デパートコスメを購入するついでに教えてもらうという手もあります。1回通ったくらいでは、問題点が改善されないこともあるので、何度も通う・購入することを繰り返していく必要があると思います。世の中の「メイクが上手な人」は、これを自然とやっているのだと思います。

あとは、「メイク本」を1冊購入して、その通りに何度も練習するというもの。客観性にかけるという点で微妙ですが、「自己流を叩き直す」つもりで取り組んでみると、多少メイクも上達すると思います。

ただし、雑誌で見たものをつぎはぎで取り入れるのは「間違った自己流」をエスカレートさせてしまう場合があるので、注意が必要です。

メイク本を選ぶポイントとしては、その書籍の発売日が最近ものを買うという点に気をつけてみるといいかもしれません。

ほかにも、

明るい場所でメイクする

大きな鏡でメイクする

三面鏡を使う

という部分も気をつけてみてください。

それでもダメなら、「スッピン派」に切り替えてみるという選択肢もあります。

スッピン派なら、肌の透明感、骨格にあった自然な眉毛、自然な色のリップがあればOKです。

垢抜けない理由(4)姿勢が悪い

どんなに着飾っていても、姿勢が悪くて、ヒールで歩く姿がみっともなかったら、台無しです。

長年、猫背のままで過ごしつづければ、体型も崩れてきます。

猫背は見た目にも美しくないだけでなく、体型や顔の輪郭まで影響を及ぼしてしまうのです。

反対に、姿勢がいいと、スラっとして美しいです。太っていても、姿勢がいいのと、悪いのとでは、全然違います。

姿勢がいい状態を保てば、筋肉のつき方も違ってきますし、スタイルもよく見えます。

「自信を持っている人」「堂々としている」という風にも映ります。

猫背への対処法

猫背は、意識するだけでも改善できることがあるので、まずは日々の生活の中で気をつけてみましょう。

それでも難しいと感じるなら、姿勢矯正ベルトを使ってみたり、整骨院に相談してみたりするという手もあります。

姿勢矯正のためのヨガ・ストレッチ教室や、美しいウォーキング講座というものもあるみたいです。

垢抜けない理由(5)肌に透明感がない

肌荒れがひどかったり、くすみがある場合、垢抜けない印象を与えてしまうのではないかと思います。

だから、世の女性たちは、スキンケアやベースメイクに必死になるのではないでしょうか。

さきほど「スッピンでも垢抜けている人はいる」「メイクが変なくらいならスッピンの方がいい」ということをいいましたが、「透明感のある肌」という部分は外せません。

色白さんでも、地黒さんでも、「透明感」というのは非常に重要です。

透明感とはなにか?というと

ツヤ・キメ・ハリなど、すべてを含めたもので、

体の内側を反映するものなのかな?と思います。

食生活だったり、健康状態だったり、ストレスだったり・・・。

規則正しい生活をして、健康状態を気遣うことは、肌にも左右されると思います。

ストレス解消やリラックス・趣味の時間を持つことも大切です。

それだけではもの足りないと感じるから、毎日のスキンケアやサプリメント、美容医療などに頼る人も多いのだと思います。

肌に透明感を出すための対処法

  • 規則正しい生活、健康管理
  • ストレス解消
  • スキンケアやサプリメント
  • 美容医療、エステサロン等の利用
  • メイクで上手に隠す

肌に透明感を出すスキンケアとは?

肌に透明感を出す一番の近道は、クレンジング、洗顔、保湿(化粧水、乳液)、紫外線対策など、基本的なことをきちんとやるということです。

ネットや雑誌などで「裏技的な美容法」が話題になることもありますが、実は肌に負担がかかってしまう、というもの中にはありますので、まずは基本的なことをコツコツと毎日していくようにしてください。

ひとつ、おすすめアイテムを上げるなら、スキンロジカル ブロードイオン

こちらはイオン導入・導出器ですが、15〜30秒でお手入れ完了できるスグレモノ。

手軽にできるので、毎日続けるのも苦になりません。

私はこちらを使いはじめて、ニキビがほとんどできなくなりましたし、キメが整い、透明感もでて、「まっさらな肌」になりました。

あまりに簡単に美肌になるので、なんでもっと早く買わなかったんだろうと後悔するレベル。

美顔器は色々出ていますが「基本の1台」として持っておきたいところです。

こちらの記事も読まれています。

「ブロードイオン」を2週間ほぼ毎日イオン導入してみた結果

「垢抜けない友人」を改めて分析

今回相談を受けた友人や、その他の「垢抜けないと感じる人」を思い浮かべながら分析してみました。

友人の場合、

【髪】
剛毛、黒髪、クセ毛のショートカットで、形もちょっと変。美容室変えればいいのに、といつも思っていた。10年位前、髪型が似合っていたときの写真を見ると、すごく綺麗に見える。

【服】
「似合っているとき」と「似合っていないとき」の差が激しい。

【メイク】
眉毛だけ描いている。そして、眉毛の形が変(骨格に合っていない)。

【姿勢】
猫背。腰が前に突き出たような姿勢。

【肌】
透明感、ツヤなし。たぶん、お手入れもちゃんとしていない。くすみが強い。

このように、ほぼ全てに当てはまっています。

体型や、顔の造形はあまり関係ない

野暮ったい=太っている、という人もいるかもしれませんが、

「太っていて、めっちゃお洒落」という人に何人も会ったことがあるので、体型はあまり関係ないと思います。

渡辺直美さんも、マツコ・デラックスさんも、すごく洗練されているし、センス抜群でしょ?

顔の造形も「野暮ったさ」には関係ないと思います。

「もとはいいのに、なんか垢抜けないよね」という人、会ったことありませんか?

髪の傷みや肌荒れについては、上手に隠せているならOKだと思います。

先程も紹介したクラブのママですが、彼女は、髪がすごく傷んでいたし、肌のくすみも目立っていました。でも、出勤前に美容室でヘアセット&メイクしてもらうと、たちまち夜の女王!輝きというか、オーラというか、眩しいほどでした。

だから、髪のダメージや肌荒れは上手に隠せているなら、それはそれでアリだと思いますが、

実際のところ「隠す技」というのは結構難しいので、適切な手入れをして、「地」を磨いていったほうが早いです。

身に着けているものも関係ない

「いいものを身に着けていれば、洗練されて見える」という意見もありますが、必ずしもそうだとはいえないと思うのです。

全身ユニクロGUでも、オシャレなひとはオシャレだし、プチプラドラッグストアコスメしか使ってなくても素敵に見える人もいる。

逆もまたしかりです。

上質なもの、高級なものは、もちろん素晴らしいですが、

それよりもまず、自分に似合うもの・似合わないものを知って、

「人からどう見られているか?」

ということを客観的に把握することが先です。

まとめ

髪・服・メイクを自分に似合うものを選ぶこと

姿勢を良くすること

肌の色・ツヤ・キメ・ハリを整えること

ダメージヘアを手入れすること

以上に気をつければ、グンと垢抜けると思います。

ただ「自分に似合うもの」という部分が、結構難しかったりすると思うのです。

遠回りしないためにも、的外れにならないためにも、プロの力を借りることがおすすめです。

自分に似合わない服をたくさん買って、変な髪型とメイクですごすよりも、

ほんの数回、プロのアドバイスを聞きにいくことで、自分の印象というものを良くすることができます。

こちらの記事も読まれています。

私はテーラードジャケットが似合わない女。その原因とは?

スポンサーリンク

シェアする

フォローする