そのままじゃどんどん老け顔になる!糖化対策で若さを保つ

スポンサーリンク

肌のくすみには、乾燥が原因の「グレーくすみ」と、糖化によって肌にAGEという黄褐色の物質が蓄積されて起こる「黄ぐすみ」があります。

糖化といえば、酸化と並んで知られる老化の原因であり、美と健康の大敵です。

美白化粧品を使っても、美白サプリメントを飲んでも、肌が明るくならない!という人は、糖化が原因かもしれませんね。

糖化ってなに?

糖化 = たんぱく質 + 糖質

糖化とはたんぱく質と糖質が結びついてたんぱく質が劣化することです。

人間の体はたんぱく質でできているし、糖質を摂取しなければ生活できません。人間が呼吸をするかぎり(酸素を吸う限り)酸化が起こるのと同じで、糖化はさけては通れないものです。

怖いのはAGEの蓄積

bsPPO_1000maicake

糖化は、生きている限り、老若男女、だれにでも起こることですが、美容や健康に影響し、老け顔の原因になるといわれているのはAGEの蓄積です。

たんぱく質と糖化が結びつくことで、メイラード反応が起こり、黄褐色のAGEという悪玉物質が発生します。パンケーキを焼くと、こんがりきつね色になりますが、これのことですね。

加齢(40歳以上)や、糖分のとりすぎによって、AGEがちゃんと排出されなくなり、体に蓄積されるといいます。

糖化が進むと

AGEが体内に蓄積され、体内のたんぱく質と結びつくと、美容だけでなく、健康にも影響します。

  • コラーゲン繊維の老化
  • 血管、骨の老化
  • ガン
  • アルツハイマー、認知症

このように、さまざまな病気の原因になったり、見た目の老化も進んでしまいます。なかでも肌の「黄ぐすみ」は、糖化が一番の原因だと考えられています。

効果的な糖化対策とは

  • AGEの少ない食品を摂取する
  • 糖質制限食や、低GI食品を摂取するようにする
  • なるべく加熱しない
  • 加熱するときは「蒸す、茹でる、煮る」※揚げたり、焼いたりするのは避ける
  • 季節に関係なく紫外線対策を万全に行う
  • AGEの産生を抑える成分を摂取する

血糖値を上げない食生活に切り替えるのはもちろん、紫外線対策も重要です。紫外線も糖化物質を増やすと言われています。

糖化ケアできる成分とは

  • ビタミンB1
  • ビタミンB6
  • カテキン
  • αリポ酸

これらの成分は、AGEの産生を抑える効果が確認されたそうです。

基本的に、αリポ酸は体内で生成されます。ビタミンやミネラルなどをバランスよく摂取していれば不足することはありません。※ただし、加齢により生成能力が落ちることはあるようです。

手軽に飲めるお茶がオススメ

緑茶、どくだみ茶、ルイボスティーなど、手に入れやすいお茶でも、糖化対策にいいと言われています。

なかでも、田七人参をブレンドした粉末緑茶には、ビタミンB1、ビタミンB6、カテキンが豊富に含まれていて、糖化対策に必要な成分を効率よく摂取できます。

2015-11-17 10.53.51

1日1杯を3ヶ月もつづければ、うれしい変化がみられるでしょう。

関連記事はこちらです。

白井田七茶の魅力。デトックスやアンチエイジングにも

サプリメントでアンチエイジングしたい方はこちらの記事もぜひどうぞ。

超おすすめ!最強の若返りアンチエイジングサプリメントまとめ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする