大人ニキビを絶対に作らないための6つの対策

スポンサーリンク

20〜30代は、ホルモンバランスが安定する時期だから肌も綺麗になるとか、30をすぎると皮脂量が減ってきてニキビができにくくなるなどと言われています。

私も、10代のころはニキビに悩まされていましたが、年を取るにつれ、肌質は改善されてきました。

でも、ちょっと気を緩めると、すぐにポツッとニキビができてしまうんですよね。

皮膚科の先生からは乾燥肌だと診断されましたが、毛穴が詰まりやすいのか、ニキビができやすい肌質のようです。

さて、そんな私の長年の課題は、

「どうしたらニキビを予防できるか?」

「どうしたらニキビができにくい肌質になるか?」

ということ。

いろいろ試したり、調べたりした結果、

肌も体内も、健康的な状態に近づけていくことで、ニキビができにくくなっていくということを実感しました。

スキンケアはもちろん、生活習慣にも気を配ることが大切です。

最近では、以前に比べると、かなりニキビができにくくなったと感じているので、私がニキビを作らないためにしていることをまとめてみました。

(1)上質な化粧品を選ぶ

毎日使う基礎化粧品選びは慎重に行うようにしています。

成分をちゃんとみて、自分の肌に合ったものかどうか?とか

信頼のおけるメーカーか?など、

ちょっと気をつけて選ぶだけでも、肌への影響はかなり違ってきます。

ちなみに、私の場合は、ドクターズコスメのジュランツ をライン使いするようになってから肌がかなり安定してきました。

もしかしたら、今までの私のスキンケアは、肌に負担をかけるものだったのかもしれません。

肌が健康的に整ってくると、ニキビもできにくくなってきます。

あとは、古くなった化粧品は使わないということにも気をつけています。

古くなった化粧品を使うと、知らず知らずのうちに肌が荒れて、「なぜか最近肌荒れしやすい」とか「敏感肌になった気がする」ということが起こってしまうのです。

関連記事:ジュランツのスペシャルトライアルセットが3,390円分増量でグレードアップしてます!

(2)フラーレン配合の化粧品を使う

強い抗酸化作用があるフラーレン配合の化粧品を使うことでニキビ対策もできます。

実際私自身、フラーレン配合の化粧水を使いつづけたことで、慢性的に繰り返していた白ニキビや生理前に出現する大きな赤ニキビが軽減しました。

私もお気に入りのフラーレンコスメは、ドクターズコスメフラセラ。

美容皮膚科医開発ということもあって、肌にも優しい使い心地。さらに、フラーレン高配合の証であるラジカルスポンジマーク取得です。

関連記事:フラーレン高配合【フラセラ アンフェイディングローション】の口コミ

(3)朝晩洗顔する

ニキビは、毛穴に皮脂が詰まって起こるので、きちんと朝晩洗顔することが大切です。

乾燥肌や、ニキビができない肌質ならまだしも、

ニキビに悩まされているなら、ぬるま湯だけで洗ったり、純石鹸だけでメイクを落としたりするのはオススメできません。

以前、私は、この方法(肌断食)に挑戦しましたが、ニキビへの改善は診られませんでした。

朝は泡洗顔、

夜はクレンジング+泡洗顔、または、W洗顔不要のクレンジング剤で、

丁寧に洗うのがおすすめ。

酸化した皮脂(過酸化脂質)はニキビを作るだけでなく、老化の原因にもなるので、きちんと落としたほうがいいです。

(4)脂質の摂取量に気をつける

脂質の多い肉や乳製品、揚げ物

油(オリーブオイルやココナッツオイルなども含む)

バター、生クリーム、チョコレート、アイスクリーム・・・

こういったものを摂取しすぎていないか?ということに注意しています。

あまり極端に制限しすぎてしまうと肌が乾燥してしまうこともあるので、バランスが大切。

とくに、生理前は、ホルモンバランスの影響で皮脂の分泌が増えがちなので気をつけます。

私の場合、

  • サラダにオリーブオイルを使いすぎる
  • チーズを食べ過ぎる
  • 蒸し野菜にバターを使いすぎる

という傾向があるので、注意しています。

(5)便秘をしない、腸内環境改善に気を配る

スキンケアに気をつけているし、食事もそこまで偏っていないはずなのに、

ニキビを繰り返してしまうし、肌の調子がイマイチ・・・・・・

という場合、腸内環境に問題がある場合が多いそうです。

このように、食生活を意識して改善するだけでも、かなり違ってきます。

個人的に、腸内環境改善に一番効果を実感しているのは「水の素」 水素サプリ

関連記事:水素サプリ「水の素」を2ヶ月摂取し続けた結果

(6)ホルモンバランスを整える

ニキビはホルモンバランスと深い関係があるようです。

とくに、生理前にニキビができやすい場合、ホルモンバランスを整える生活を意識すると、肌が綺麗になるといいます。

私は、プラセンタ注射+プラセンタドリンクで、生理前のニキビが激減しました。

関連記事:【プラセンタ注射体験談】打ちはじめて3ヶ月経ちました

まとめ

「顔全体に広がるニキビがずっと治らない」という場合は、皮膚科を受診することをおすすめしますが、

私のように「気を抜くと、ブツブツっとできる」という状態で、皮膚科に行く程でもないな・・・・・・というときは、スキンケアや生活習慣を見なおしてみることで、ニキビを予防することができます。

ニキビができる、ということは、どこかに問題があるはずで、

それを自分で探ってコントロールしていくだけでも、結果が現れて、おもしろいですよ。

こちらの記事も読まれています。

最近急に大人ニキビ(吹出物)が激減した理由を分析してみる

スポンサーリンク

シェアする

フォローする