8時間ダイエットを習慣化した私の体験談とその効果!アラサー7kg減量成功

スポンサーリンク

そういえば、2〜3年前、ダイエットに励んでいたころがありました。

いや、正確に言えば、励んでいたというより「痩せなきゃ!」とダイエット法を探しまくって、3日坊主を繰り返していたと言った方がいいでしょう。

運動系DVDを買い、

ダイエットビフィズス菌を増やして痩せるというサプリメント(2万)を買い、

ゼロカロリーのおやつを作り、買い・・・。

まぁ、色々調べて、ちょこちょこと試しましたが、

個人的に一番ハマれたのが8時間ダイエットでした。

8時間ダイエットのやり方おさらい

8時間ダイエットというのは、1日24時間のうち、16時間の空腹時間(固形物を何も食べない時間)を作り、8時間の間に食事を済ませるというもの。

空腹の16時間の間は、お茶やブラックコーヒー等、カロリー・糖質のないものであれば飲んでOKです。もちろん、ミネラルウォーターは◎牛乳やカフェラテ、甘いジュースはNGとします。(このあたりは自分ルール)

もちろん、8時間の間に、3000キロカロリー毎日食べていては太ってしまいますので、そのあたりは気をつけるようにします。

※注意

8時間ダイエットについては、このブログで何度か取り上げておりますが、私は8時間ダイエットの本をちゃんと読んだことがなく、人から伝え聞いただけです。

なので、誤った知識をお伝えしている可能性があります。

8時間ダイエットに真剣に取り組んでみようという方は、一度書籍を読まれることをおすすめします。その前に自分が読めよって感じですが。

で、この8時間ダイエット。

毎日3食+間食、という食生活の方や、仕事の都合上不規則な生活を送っている方には、もしかしたらちょっと難しく感じるかもしれません。

ただ、私の場合、もともと朝食抜きでも平気な方だったので、すんなりこの8時間ダイエットに取り組むことができたのです。

8時間ダイエットをゆるく実践して7kg減量に成功

正直、8時間ダイエットをいつからはじめたか覚えてないのですが、

このブログで最初に8時間ダイエットについて記事を書いているのが2016年1月なので、

1年8時間ダイエットに取り組んだことにしておきましょう。

関連記事:暴飲暴食は8時間ダイエットでリセットしよう

私の場合、かなりゆる~く実践していますが、実際7kgくらいの減量に成功しているので、

私が取り組んだ方法について簡単にまとめておきます。

・基本的に12時〜20時に食事をすませ、それ以外を空腹時間としている

・朝食は食べない

・昼食はお腹が減ったタイミングで食べる。12時に食べる日もあれば、16時くらいにはじめての食事を摂り一日一食になる日もある。重視しているのは、本当にお腹が減ったと感じるタイミングで食事をするということ。

・夕食は18〜19時くらいに摂る。それ以降は食べない。完全にマイルールですが、糖質オフの発泡酒はOK(笑)

・人との付き合いの場は、何時であっても普通に食べる。朝食でもランチでも飲み会でも。「ちょっとケーキ食べに行こうか」というのも全然行く。

・スナック菓子やジャンクフードなどは「たまにならOK」とする。ただし、こういった類のものは一度食べたらやめられなくなるので、本当に「たまに」にとどまるように十分に注意する。

と、こんな感じです。

慣れてしまえば、なんということはありません。

無理してる感ゼロです。

たまに「一日一食です」なんていう方がいらっしゃって、昔はそれを信じられないと思っていたのですが、

いざ自分が8時間ダイエットに挑戦し、習慣化に成功してみると、

一日二食(間食なし)が苦じゃなくなり、一日一食でもいけるんじゃないかと思えてきます。

8時間ダイエットで感じた効果

(1)痩せる

まず痩せます。ジワジワ痩せてきます。

気づいたら2kg痩せ、4kg痩せ、8kg痩せ、それを無理なくキープできている感じ。

運動は一切していません。ジムには入りましたが、月会費を払っているだけで行ってません。

8時間ダイエットは、実践しているうちに習慣化してくる=それが普通になって苦だと感じなくなる、というのが魅力なんじゃないかと思います。

逆にいえば、よくない食生活の癖・・・たとえば、毎日スナック菓子を食べるとか、ファーストフード大好きでやめられないとか、甘いものを毎日食べないと気がすまないとか、

そういうのは、一種の中毒みたいなもので、一回スパッと止めてしまえば、体が欲さなくなっていきます。

(2)頭が冴える

あと、それ以上に効果を感じているのが、頭が冴えるということ!(笑)

午後の仕事の集中力というか、仕事のパフォーマンスが格段に上がります。

※昼食に大食いしなければ、の話です

これも一日一食実践者の書籍などでよく言われていることですが、私も実感しています。

(3)食事内容を正確に把握できるようになった

一日に食べる量というか、内容が非常にシンプルなので、

「今日、私は何を食べたか?」ということをきちんと把握できるようになります。

今日はたんぱく質全然足りてないな、とか。

野菜が全然足りてなかったな、とか。

最近「ばっかり食い」してるな、とか。

こうなると、少しずつ「自分の食べるものに気をつけよう」と意識するようになります。

せっかくだから、美容のためにいいものを選んで食べたい、なんて思うようになります。

まぁ、今でもほめられたもんじゃありませんが、以前よりましになったと思ってます。

私は8時間ダイエットをおすすめしているわけではありません

この8時間ダイエット。

ピッタリと私の正確にハマり、無理なく取り入れることができ、スルスルと痩せることができました。

8時間ダイエット通り越して、一日一食になりそうな勢いです。

ただ、私はこのダイエット法をおすすめできません。

「安全で健康的な方法です」と言い切れないからです。

一般的には、一日三食、これだけのカロリー食べましょう、っていうのが健康だといわれているからです。

私の場合、無理なく取り入れることができていますし、

8時間ダイエットで食事量・食事回数を減らしたことで様々なメリットを感じられていますし、結構ゆるく実践しているので(人と約束があるときは何時でも食べる)、これで良しとしていますが。

とくに、女性の場合、生理が止まったりなんかしたら大変ですから、くれぐれも無理のないようにしていただきたいと思います。

とりあえず、こういう方法もあるよってことで。

ダイエット成功の秘訣は「自分と相性のいいもの」を探っていくことだな〜という話でした(笑)

こちらの記事も読まれています。

【アラサーダイエット】身長158cm体重47kg→43kg減量に成功!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする